ハリセンボン春菜がリアルすぎる恋愛相談 ネガティブな悩みに励ましの声も

ハリセンボン春菜がリアルすぎる恋愛相談 ネガティブな悩みに励ましの声も

ハリセンボン春菜がリアルすぎる恋愛相談 ネガティブな悩みに励ましの声も

(画像はTwitterのスクリーンショット)

モテない人にとって、異性と仲良くすることは難しいだろう。恋愛に発展させたくても、「何かあるんじゃないか」と探ってしまい、恋に踏み出せないことも。

19日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演した、ハリセンボン・近藤春菜(34)の恋の悩みが話題を呼んでいる。

■「お金、友人目当て」とネガティブに

番組では近藤が恋愛相談をする一幕が。

「男性とご飯に行って優しくされても素直に受け止められない」と語る近藤。「お金目当てなんじゃないか? 友達目当てなんじゃないか?」と疑心暗鬼になってしまい、前に踏み出せないのだそう。

この意見に対して、MCの中居正広(44)は「間違いない事実だからね。みんな周りのキレイな女優さんを狙ってる」とバッサリ切り捨てた。

■ネット民の声は…

一連の流れを見ていたネット民からは近藤に同情や励ましの声が。

・女芸人さんはみんな同じような感じでしょ。でもさ本当に付き合ってくれる人がいたら飛び込んでみてね。わかってくれる人いるよ

・まあ、こういうのは相性だからね。合う人が現れるかもしれない。

・まあ間違いないけど、少しは自分も期待していくわけじゃん。ただ割り勘でいいと思うけど。金目当てなら相手は連絡しなくなるよ 知り合い紹介してって係になるだろうけど

・今は我慢の時。そのうち専門家が現れる

■「恋愛の始め方がわからない」が3割

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,500名に「恋愛」について調査したところ、3割強が「始め方がわからなくなった」と回答。

©sirabee.com

また、もっとも多い世代は20代という結果に。若者の恋愛離れは真実のようだ。

芸能界の友人も多く、仕事も順調で一見幸せそうな近藤。しかし、視聴者にはわからない、女芸人ならではの苦悩があるのかもしれない。

・合わせて読みたい→外国人好きのバービーが激白 日本人との「夜の営みの違い」に驚愕

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年11月14日(金)〜11月16日(火)
対象:全国20代〜60代 男女計1500名

関連記事(外部サイト)