「ひふみん」と呼ばれ十数年 「失礼」との声を制した加藤一二三に感嘆の声

「ひふみん」と呼ばれ十数年 「失礼」との声を制した加藤一二三に感嘆の声

「ひふみん」と呼ばれ十数年 「失礼」との声を制した加藤一二三に感嘆の声

(画像はInstagramのスクリーンショット)

先月、63年の現役生活を終え、プロ棋士を引退した加藤一二三(77)。

引退後はタレントとしての活動が目立ってきた加藤が、20日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。そこで63年の現役生活を振り返りつつ、「ひふみん」という自身の愛称に対し胸中を明かした。

■つるの剛士「大棋士を軽く扱いすぎ」 

同番組に出演していたタレントで俳優のつるの剛士(42)が、自身が「将棋ファン」であることを主張したうえで、加藤を「ひふみん」と呼ぶ風潮に苦言を呈する一幕が。

つるのは、加藤の現役生活をまとめたフリップを取り出し、「加藤一二三」がいかに偉大な棋士であったかを力説。スタジオからは、改めて加藤の功績に対し称賛の声があがる。

つるのは、加藤の親しみやすいキャラクターを評した上で、「将棋好きのファンからすると、こうやってバラエティー番組に(加藤が)出て、皆から『ひふみん』と呼ばれていることが、『加藤先生がどんな人だか知ってるんですか?』と、つい疑問に思ってしまう」と、加藤に対し疑問を投げかけた。

■「ひふみん」と呼ばれどう思っている?

将棋界を代表する大棋士であったにも関わらず、「ひふみん」という愛称で呼ばれていることについて、加藤はどう思っているのか。

つるのからの問いを受けて、加藤は自身の愛称に対しこう言及した。

「『ひふみん』と呼ばれるようになってから、もう10年くらいになります。10年にもなると、どこのテレビ局でも『ひふみん』と呼んでくれますから、もうハッキリ言って喜んでます」

この加藤の言葉に、ダウンタウン・浜田雅功は「おぉー」と感嘆の声を漏らし、スタジオから拍手が巻き起こった。

加藤本人は愛称で呼ばれることを、現在はそれほど不快には思っていないようだ。

■つるのと加藤が名コンビに?

同番組では、その後も加藤が500万円の高級コマを紹介したり、神谷広志八段との対局秘話などを明かした。しかし、加藤の独特な語り口調と、そこに鋭く突っ込まれる浜田のコメントが笑いを誘う。

そこへ、加藤の話がきちんとお茶の間に伝わるようにと、つるのが適宜解説を挟むという構図が成り立っていき、その様子が視聴者から絶賛されている。

ひふみん暴走するからつるの剛士みたいな補助役いないとダメだなw

— つばめ丸 bja is adorable (@lupindexy) July 20, 2017

浜田とひふみんの構図www
そしてそれを丁寧に解説する将棋好きのつるの剛士の謎の状況#ダウンタウンDX

— ちぃちゃん (@chiakingkh) July 20, 2017

つるの剛士さんがひふみんの解説者になってる #ダウンタウンDX

— Kagura (@eiennbox) July 20, 2017

「ひふみん」に親しみを持って接する浜田に、棋士として加藤を尊敬するつるの。

偉大な棋士であり、多くの人に愛される「タレント」としての一面をも持ち合わせた加藤だからこそ成し得たエンターテイメントは、多くの視聴者を楽しませた。

今後も「ひふみん」の多方面での活躍に期待したい。

・合わせて読みたい→藤井四段よりも「ひふみん」のほうがスゴイ? 本人降臨のほっこり話に大感激

(文/しらべぇ編集部・もやこ)

関連記事(外部サイト)