出演者の不祥事「放映中止に」vs「公開すべき」調査結果は?

出演者の不祥事「放映中止に」vs「公開すべき」調査結果は?

出演者の不祥事「放映中止に」vs「公開すべき」調査結果は?

(bee32/iStock/iStock)

6月に未成年の少女との飲酒・淫行騒動により、無期限の活動停止を発表した俳優・小出恵介(33)が出演したドラマの放送が中止になった。

作品を楽しみにしていたファンにとって辛いだけでなく、制作側は大きな損失になるにも関わらず、芸能人の不祥事が発覚すると、出演作品の放送や公開が中止になってしまう事例が目立っている。

■出演者の不祥事で放映中止 どう思う?

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,343名を対象に、調査を実施。

俳優やタレントの不祥事が明るみになったときに、出演した作品の公開を中止し、お蔵入りさせることについて尋ねた。

©sirabee.com

「お蔵入りは間違っている」と答えたのは、全体の52.7%。半数以上が、作品に罪はないと考えている。

©sirabee.com

性別・年代別では、20〜30代男性は46%台と厳しい意見が多い一方、女性はどの年代も過半数で「作品は作品として、公開すべき」と考える傾向にあるようだ。

■ダメ異性好きは寛容

©sirabee.com

特徴別に調査すると、「テレビはほとんど録画してみている」と回答した中で作品をそのまま流すべきだと思っているのは63.3%と、録画派でない人と比べて15ポイントも高い。

また、「ダメな異性が好き」な人の76.9%が、お蔵入りするべきではないと答え、かなり寛容である。

多くの人が携わり、質の高い映像作品ができたとしても、たった1人の出演者の不祥事によって公表されなくなってしまうのは、とても残念に感じる。

もちろん、悪質な事件で、被害者が中止を求めれば対応するべきだが、当事者ではない人が「不謹慎」と騒ぐことで、過剰な対応を迫られるケースが増えている面もありそうだ。

・合わせて読みたい→>小出恵介、未成年と飲酒・淫行で無期限活動停止 「狩野英孝よりひどい!」と激怒の声

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)