『愛ある』川口春奈の告白に失笑…「ダサすぎる」とツッコミも

『愛ある』川口春奈の告白に失笑…「ダサすぎる」とツッコミも

『愛ある』川口春奈の告白に失笑…「ダサすぎる」とツッコミも

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

福士蒼汰主演ドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)の第二話が23日に放送された。

先週放送された第一話では「庭のお父さんには彼女を紹介しないの?」とのメールが正体不明の人物から送られてきて、視聴者を大いに怯えさせた本作。

第二話でもそのテンションは引き継がれつつも、一部ツッコミが集まったシーンも。

■第二話はこんな感じ

恐怖のメールを受け、奥森黎(福士)は恋人の立花爽(川口春奈)と別れ、自首しようと考える。それに対し、母親の晶子(鈴木保奈美)は激しく動揺し、やめてくれと懇願。

一方、なにも知らない爽は黎との結婚を進めるべく、両家の食事会を開催しようと目論むが、父親の弘晃(遠藤憲一)から黎は信用できる人物ではないと言われ、ショックを受ける。

その後、爽のもとに一通の差出人不明の手紙が届く。そこには戸籍謄本が同封されており、黎の父が病死ではなく失踪であることが爽に知られてしまう。

さらに、ラストシーンでは黎の職場に父親の車の鍵が届く。失踪したと工作するために海に突き落としたはずの車も、今になって引き上げられることに。

■川口春奈演じる爽が告白も……

第一話に続きシリアスでホラーな展開になった第二話だが、一方で視聴者からツッコミが入ってしまうコミカルな(?)シーンも。それは川口演じる爽が黎に告白し、交際を申し込んだ回想シーンだ。

病気の妻に頼まれ、愛ゆえに嘱託殺人を犯してしまった夫の裁判に関する話をする当時大学生のふたり。

「夫Aの負担になりたくなかったのでは」と爽が妻の気持ちを想像すると、黎は彼女の被害者の気持ちも大切にする姿勢に感銘を受け、「(夫は)法を犯しても構わないと思えるほど、奥さんのことを愛していた」と容疑者側の心境を想像する。

これに対し、爽は

「あのさ奥森くん、立証してみない? 本当にそんな愛があるかどうか」

「私たち、付き合ってみない?」

と、突然の告白を行なったのだ。

■「どんな告白や」「ダサすぎる」の声も

真面目な議論かと思いきや、突然話を自分たちのことに変えてしまう。この力任せな告白に動揺を隠せない視聴者は少なくないようで、ツイッター上では以下のような声が確認できる。

・どんな告白の仕方や笑笑 #愛ある

・すごい告白の仕方だなwwwサワたん男前www #愛ある

・川口春奈ちゃんからの告白がださすぎる

・愛してたって秘密はある?? 予想外の告白に戸惑いを隠せない

■「恋愛は男性リードで」 女性の半分が該当

©sirabee.com

ちなみに、しらべぇ編集部が行なった調査では「恋愛は男性がリードすべきだ」と答えた女性は全体の半数程度となっている。この人たちからすれば、爽の力技な告白はなかなか真似できるものではないだろう。

告白シーンに一定数のツッコミが集まりつつも、シリアスな展開はなかなか見どころも多い本作。脅迫状の送り主は、告白シーン以上に想定外の展開であってほしいものだ。

《これまでに配信した『愛してたって、秘密はある。』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒庭に埋めた父の遺体が掘り返される…福士蒼汰『愛ある』がホラーすぎ

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)?

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年10月21日〜2016年10月24日
対象:全国20〜60代の男女1387名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)