自分は過保護に育てられたと思う?『カホコ』自覚はまさかの…

自分は過保護に育てられたと思う?『カホコ』自覚はまさかの…

自分は過保護に育てられたと思う?『カホコ』自覚はまさかの…

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

高畑充希主演で放送中のドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)。両親に甘やかされて育った大学生・カホコを主人公とする本作は、彼女の純粋無垢さにときめく視聴者も多い。

だが、ひとつ気になることが。彼女ほどではないとしても、「過保護」に育てられた人というのは、それほどまでに多いのだろうか? ということだ。

そこで、しらべぇ編集部では調査を行なってみることに。

■「カホコ(オ)」自覚は3割

©sirabee.com

しらべぇ編集部が全国の20〜60代の男女1342名に調査を行なったところ、「自分は過保護に育てられたと思う」と答えた人は全体の28%。およそ3割という結果になった。

■20代は4割が該当

©sirabee.com

年代別では20代男女が4割でもっとも高い数値を記録。年代が上にいくほど該当率は低くなり、60代では20代の半分の2割となった。

少子化および一人っ子化が進むにつれ、過保護に育てられる人は多くなるようだ。

■過保護育ちほど不幸を感じやすい?

©sirabee.com

また、特徴別で見ると「自分は今、不幸だ」と答えた人は、そうでない人よりも12ポイントほど過保護に育てられた自覚がある人が多い結果に。

その一方で、仕事ができるかどうかは過保護育ちとの因果関係がないこともわかった。

多くのものを与えられ生きてきた人は、現状の環境に不満を抱きやすい傾向があるものの、決して仕事ができないというわけではないようだ。

どこか、カホコの今後を暗示させるような調査結果になったようだ。

《これまでに配信した『過保護のカホコ』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒『カホコ』竹内涼真演じる麦野の胸にダイブしたい女子が大量発生

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)?

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20〜60代の男女1342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)