『ウチの夫』男なら家族を養って当然?女子のリアルな意見が…

『ウチの夫』男なら家族を養って当然?女子のリアルな意見が…

『ウチの夫』男なら家族を養って当然?女子のリアルな意見が…

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

錦戸亮主演ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』が、今夜第四話の放送を迎える。

一組の夫婦が「仕事ができる夫」を目指しともに歩む本作品は、妻役の松岡茉優のかわいさが引き立つコメディとして楽しめる一方で、視聴者に「仕事ができるとは?」「夫と妻の関係とはどうあるべきか?」などを視聴者に問いかける一面も。

そこで、この記事では本作を深掘りすべく、「夫が家計を支えるべきなのか」という価値観について、データをもとに考察してみたい。

■夫は家族を養って当然だと思う?

©sirabee.com

しらべぇ編集部が全国の既婚の男女701名に調査を行なったところ、「男たるもの、家族を養って当然だ」と答えた人は、男性で63%、女性で46%という結果に。およそ17ポイントもの差が見られた。

男性の3人に2人が「男が家族を養うべきである」と考えているようだが、「そんなこともない」と思っている女性は半数以上いるようだ。

■30代が一番低い数値に

©sirabee.com

次に年代別に見ていくと、上の世代ほどその意識が強いことがわかる。20代と30代を比べたとき、30代のほうが数値が低いのは、実際に子育てなどをするようになって「男ひとりで支えていくのも難しい」という現実を知ったからかも。

■辞職検討も妊娠で回避 男性学の観点からも見られる?

しかし、かりに妻に理解があって「ふたりでやっていければいい」「嫌なら会社も辞めてもいい」と伝えていても、夫側が簡単に辞められるかと言うとそうではない。

むしろ、上記データからもわかるように、夫の心の中にある「男ならこうあるべき」といった類の縛りが問題な場合もあるのだ。

『ウチの夫』においても、第一話ですでに沙也加は「司の良さがわからない会社など辞めてもいい」「もう立派な夫を演じる必要はない」と司に伝えており、実際、司も密かに辞職を検討していた。

だが、ここで沙也加の妊娠が発覚。司は一家の大黒柱として、辞めるに辞められない状況になる。辞める勇気がないからではなく、責任感が強いからこそ簡単に行動できないのだ。

彼のそんな姿は、「男が男であるためには、相応の努力が必要である」ことを身にしみて感じている男性にとって、とてもリアルなものだろう。お仕事ドラマとしてだけでなく、そんな「男性学」的な観点からも、鑑賞できる作品と言えるのではないか。

《これまでに配信した『ウチの夫は仕事ができない』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒『ウチの夫』仕事ができることは恋愛対象として重要? 女子の本音は

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20〜60代の既婚の男女701名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)