『警視庁いきもの係』橋本環奈&渡部篤郎の凸凹コンビの誕生の裏話

『警視庁いきもの係』橋本環奈&渡部篤郎の凸凹コンビの誕生の裏話

『警視庁いきもの係』橋本環奈&渡部篤郎の凸凹コンビの誕生の裏話

(C)フジテレビ

渡部篤郎が主演、橋本環奈がヒロイン役を務めるドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)。

しらべぇでもこれまで何度も深掘り記事を配信している本作は、ヒロイン・橋本環奈のかわいさや、渡部篤郎のかわいさ、だいすけお兄さんこと横山だいすけのかわいさや、出て来る動物のかわいさが注目されている、とにかくかわいい作品だ。

今夜、第四話が放送されるので、軽く復習しておきたい。

■気軽に、家族で安心して観られる作品

(C)フジテレビ

大倉崇裕による「警視庁総務部動植物管理係」シリーズを原作とする本ドラマ。

現場に残された動物の様子から、動物オタクな新米巡査・薄圭子(橋本環奈)が異変に気付き、それをベテラン刑事の須藤友三(渡部篤郎)が解決に導くという内ストーリーで、家族で安心して観られる作品として、幅広い世代から好評を博している。

また、推理の際に繰り広げられる動物トリビアも面白く、動物ファンにも人気に。

■第四話のあらすじとみどころ

(C)フジテレビ

今夜、第四話の放送となる『警視庁いきもの係』。公式サイトのあらすじによると、今回起こるのはこんな事件だそう。

事件が起こったのは3日前の夜、小学校の廊下で教頭・三好(高松克弥)が後頭部を殴打され死亡。容疑者は、そばに倒れていた学習塾の元経営者・津浜(志賀圭二郎)で、意識不明の重体だという。

ふたりは、課外授業「ふれあい教室」を巡りもめていた。ふれあい教室では、津浜が飼っていたヤギとの触れ合いが人気だった。津浜が入院中のため、ヤギを圭子(橋本環奈)らが保護することになったのだ。

(C)フジテレビ

須藤とともにヤギ小屋へ来た圭子は、ふわふわでかわいいシバヤギにテンションが上がる。環境もヤギの状態も良く圭子が安堵していると、少年(田中奏生)がやってくる。現場にいた四十万(横山だいすけ)が制しても、少年は小屋まで入って来る。

須藤(渡部篤郎)が話を聞くと、少年は、「ヤギのおじちゃん」と呼ばれていた津浜はいい人で、絶対に悪いことはしない、と譲らない。一方の圭子は、四十万のシャツにファンデーションが付いていたことが気にかかる。

(C)フジテレビ

小鳥、ペンギン、ヘビに続き、今回はヤギ。毎回、橋本演じる圭子が動物の生態から犯人を推理しているが、はたして今回はどんなヤギの知られざる生態が明らかになるのか。

また、須藤に息子がいたことも判明。事件の捜査中に頭を撃たれて以来、以前の記憶を失ってしまっている須藤だが、彼自身の物語がどんな具合に進展していくかも気になるところだ。

■ハシカンと篤郎さんの凸凹っぷりは「あえて狙った」?

そんな本作において、橋本のファンが注目しているのが他キャストとの身長差だ。身長180センチの渡部に対し、橋本は152センチとアイドルライクなサイズで、なんとも凸凹なコンビ。

このある種のわかりやすさが作品のコメディ具合を引き立てているようにも思えるが、一体どんな経緯で生まれたのか。しらべぇドラマ班は本作で企画編成を務めるフジテレビ・渡辺恒也氏に話を聞いた。

――凸凹コンビはどういう風に生まれたのでしょう?

渡辺氏「もともと、原作小説でも須藤と薄のコンビは登場しています。ですが、ここでは薄の超人ぶり、動物におけるマニアックさがより強く描かれていて、彼女のほうがストーリーを引っ張っていく構成になっていました。

それももちろん、とても面白いのですが、連続ドラマにするために何か加えたいなと考えました。そこで、プラスアルファで須藤の目線を入れたいと考え、彼を主人公に据え直すことにしました。

そして、刑事ドラマの経験が豊富で、コメディの引き出しの多さも魅力である渡部篤郎さんに声をかけさせてもらいました」

――てっきりハシカンが先だと思っていたのですが、違ったんですね。彼女が薄役に選ばれた理由はあるんでしょうか?

渡辺氏「ペアを組む相手は誰がいいかは結構悩んだんですが、見た目的にも凸凹感しているほうがいいという結論に落ち着きました。『おじさんと、小さい美少女の組み合わせの面白さでいこう』と。

そう決めたとき、ちょうどたまたま橋本さんが高校を卒業されて、東京で本格的に仕事を開始されるタイミングだったんです。そういう運の良さもあって、今回ご一緒させてもらうことになりました」

本編中でもたびたび「コスプレか?」とイジられている橋本。彼女自身、ツイッターで背がなかなか伸びない悩みを告白したこともあったが、小柄さが今回のキャスティングの決め手であったことを考えると、もはや彼女の武器のひとつと言えるのかもしれない。

凸凹コンビの活躍を、今夜も楽しく見守りたい。

《これまでに配信した『警視庁いきもの係』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒『警視庁いきもの係』 横山だいすけの起用理由は「スタッフの家がロスに」

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)

関連記事(外部サイト)