まだ間に合う! 月9『コード・ブルー』1・2話を振り返り

まだ間に合う! 月9『コード・ブルー』1・2話を振り返り

まだ間に合う! 月9『コード・ブルー』1・2話を振り返り

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

山下智久主演で放送中の月9ドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ救急救命』(フジテレビ系)。

人気シリーズの連ドラ第三弾ということもあり、制作決定の発表時から大きな話題になっていた本作。脚本家の変更なども不安視されていたが、蓋を開けてみれば初回16.3%、第二話15.6%と視聴率も好調だ。(ビデオリサーチ調べ/数字は関東地区)

今夜には第三話の放送を迎える本作。まだ観ていない人でも間に合うように、3rdシーズンの注目ポイントを振り返りたい。

(1)フォローたちの「無能具合」がスゴい

前シーズンまでとのもっとも大きな違いは、主要メンバー5人が「教わる側」から「教える側」になったこと。中間管理職として、新人フェローやナースの育成に奮闘中だ。

だが、彼らには昔の自分たち以上に「仕事ができない」という現実が。また、藍沢耕作(山下智久)と白石恵(新垣結衣)の間では、指導方針をめぐり対立も起こっている。

多くの管理職経験者がぶつかる現実を、5人はどんな風に乗り越えていくのか。

月9『コード・ブルー』 フェローたちが「役立たず過ぎる」と話題に

月9『コード・ブルー』フェローが無能でガッキーを心配する人続出

(2)同期4人の関係性は健在

ときには対立しつつも、藍沢たち同期4人の関係性は健在。お互いを信頼しながらも、ただの仲良しではなくプロとしてのクールさを維持し続けている。

それぞれ性格が大きく異なる彼らの書き分けも見事だ。第二話では交際中の冴島はるか(比嘉愛未)の妊娠を喜ぶ藤川一男(浅利陽介)に対し、緋山美帆子(戸田恵梨香)が「あんたの子じゃないんじゃん?」との言葉を放ち、ファンを大爆笑させた。

月9『コード・ブルー』妊娠を喜ぶ藤川に…緋山の言葉が鬼畜すぎる

(3)藍沢先生の格好良さも健在

また、山下演じる藍沢先生の格好良さ、腕の良さも今まで通り。むしろ、医師としてはさらに成長していると言っていいだろう。

第二話では恩師である黒田先生(柳葉敏郎)が口にしていた「よくやった」という言葉を、藍沢が横峯あかり(新木優子)に対して投げかけ、視聴者の感動を誘った。

月9『コード・ブルー』山P演じる藍沢の「よくやった」に女子悶絶

今夜放送の第三話では、どんな人間ドラマが描かれるのか。楽しみに待ちたい。

《これまでに配信した『コード・ブルー』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒ナース役に風俗嬢役も…馬場ふみかの「夏ドラマ」がアツすぎる

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)

関連記事(外部サイト)