日本で唯一、新潟にある『清酒学校』 校歌まであるその情熱が凄すぎる

日本で唯一、新潟にある『清酒学校』 校歌まであるその情熱が凄すぎる

日本で唯一、新潟にある『清酒学校』 校歌まであるその情熱が凄すぎる

©sirabee.com

新潟県は、「魚沼産コシヒカリ」を誇る日本一の米どころ。それだけでなく、米からつくられる数々の銘酒のふるさととして、よく知られている。

実際、本醸造や純米酒、吟醸酒などいわゆる「特定名称酒」の出荷量や1人あたりの清酒消費量は、全国一だ。

そんな新潟には、酒づくりを支える全国でも珍しいシステムがある。

■日本で唯一の「清酒学校」

『新潟清酒学校』は、1984年に誕生。新潟県酒造組合が、「越後杜氏」として長い歴史を持つ酒造技術者を育成するためにつくったものだ。

年間およそ100時間の授業があり、各蔵元から推薦された1学年20名ほどの生徒たちが3年間にわたって酒づくりの技術や微生物についての科学、製造設備などについて幅広く学ぶ。

7月11日、34回目となる入学式が新潟市内のホテルで行われ、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

■先生は現役バリバリの技術者たち

©sirabee.com

この学校に入学を許されるのは、酒造会社で勤務経験があり、その推薦を得た者だけだが、教える人たちもそれぞれの蔵の熟練した職人や醸造試験場の研究者たち。

一般的には、ひとつの蔵の中で杜氏から蔵人たちへと伝わっていく技術を、新潟ではオープンに共有して、次の世代を育てているのだ。

入学式には、各蔵などから先生たちも集まり、祝辞を贈った。

©sirabee.com

■最初の授業は「校歌」練習

©sirabee.com

1年生が最初に受ける授業は、意外なことに「校歌の練習」。『越の寒中梅』で知られる新潟銘醸の常務でもある山下進校長は、「校歌の歌詞は短いが、この中に清酒学校の精神がある」と新入生に語った。

©sirabee.com

生徒たちは、ギターの伴奏で校歌をひと節ずつ練習。1時間も練習すると、声も揃って歌えるようになってくる。

■分厚いテキストで3年間学ぶ

©sirabee.com

今年入学した生徒たちは、日本酒の製造に携わってきた人たちだけでなく、営業や海外担当など、幅広い。

分厚いテキストが支給され、選抜して送り出してくれた酒蔵の期待を背負った3年間が始まる。

©sirabee.com

新潟がなぜ旨い酒をつくり続けられるのか、また酒どころとして高く評価されるのか。その背景には、技術を次代につなげ、伝統を開かれたものとして共有していく隠れた努力があった。

©sirabee.com

・合わせて読みたい→淡麗辛口だけじゃない 進化する「新潟の日本酒」が今面白すぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/新潟清酒学校)

関連記事(外部サイト)