土用の丑の日はうなぎ店ではなく『焼き鳥店』へ行くほうがいい理由

土用の丑の日はうなぎ店ではなく『焼き鳥店』へ行くほうがいい理由

土用の丑の日はうなぎ店ではなく『焼き鳥店』へ行くほうがいい理由

2017年7月25日は、土用の丑の日。しらべぇ編集部の調査で、全体で26.2%の人が「土用の丑の日はウナギを食べる」ことが判明しているが、実際に丑の日は多くのうなぎ店が大繁盛。

うなぎを食べたくても食べられない“うなぎ難民”も出るほどだが、ファミレスや牛丼店のうなぎではちょっとあじけない…本格的なうなぎが食べたいよ…という人におススメの情報がある。

■丑の日は焼き鳥店へ

©sirabee.com

それは、土用の丑の日にうなぎを食べたいのならうなぎ店ではなく『焼き鳥店』へ行くこと。

丑の日にかぎってはうなぎ店よりも焼き鳥店へ行くほうが、いろいろと満足できる結果になるはずだ。その理由はおおまかに言ってみっつほどあるので、その理由を詳しくご紹介したいと思う。

■理由(1):うなぎ店は混雑しすぎ

まずひとつめの理由は、先ほど述べたとおり土用の丑の日はうなぎ店の混み具合が尋常じゃない。運よく入店できても、ヘタするとうな重にありつけるまで2時間待ちもザラ。

それにくらべ、焼き鳥店はうな重が置いてある店も多いのに、混雑具合がうなぎ店にくらべておだやか。しかもこだわっている店はうなぎ店に劣らない美味しさのうな重を提供していることもある。

■理由(2):いろいろな料理をシェアできる

©sirabee.com

うなぎ店よりも焼き鳥店のほうが、おつまみやお酒などのメニューが豊富。そのため、うなぎ以外の料理をシェアしつつ、普通の居酒屋感覚にプラスアルファでうなぎを楽しむといった使い方ができる。

一人で行く場合も焼き鳥店のほうが提供までの時間が早いことが多いし、大人数で行って全員がうなぎを食べるよりも、焼き鳥やサラダ、刺身などいろいろな物を食べたほうが満足度は高いはずだ。

■理由(3):安上がりになる

©sirabee.com

2017年はうなぎの価格が下がったものの、それでも庶民のフトコロにはやや痛いお値段。家族全員でうなぎ店へ行ってうな重を食べたらパパのお財布がカラになってしまうこともあるが、焼き鳥店ならリーズナブルに抑えることも可能。

さきほどのシェアと同じように、パパとママはうなぎとごはん、子供にはうなぎをちょっとだけあげて、からあげなど安価な食事をメインにすれば、お会計は半額以下になること間違いなし。

■大人数やファミリーにおススメ

©sirabee.com

以上の理由で、丑の日はうなぎ店ではなく焼き鳥店でうなぎを食べることをおススメする。

大人数やファミリーでは焼き鳥店のほうがいい場合が多いので、近所の焼き鳥店でうなぎを提供していないかチェックしてみよう。

・合わせて読みたい→『鉄腕ダッシュ』絶滅危惧のスナヤツメ発見 ヤツメウナギ屋で食べてみた

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)

関連記事(外部サイト)