小林麻耶『スカッとジャパン』ぶりっ子演技に「プロ根性」と称賛の声 

小林麻耶『スカッとジャパン』ぶりっ子演技に「プロ根性」と称賛の声 

小林麻耶『スカッとジャパン』ぶりっ子演技に「プロ根性」と称賛の声 

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

しらべぇでも既報のとおり、先月22日に歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻で、フリーアナウンサーの小林麻央さんが、乳癌闘病の末に34歳という若さでこの世を去った。

最愛の人を失った直後であっても、懸命に舞台に立ち続ける海老蔵や、史上最年少で宙乗りを披露した息子・勸玄くん(4)の様子が報じられる中、妹を看病する中で自らも体調を崩し、一時休業を余儀なくされた姉・小林麻耶の「演技」にも称賛の声があがっている。

■麻耶、変わらぬ「安定のぶりっ子」

麻耶は、『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)にて、視聴者からの体験談を元にしたドラマの中で「ぶりっ子な悪役」を演じている。

明確な収録日は定かではないが、麻央さんが亡くなってからは、麻耶は3日の『ぶりっ子秘書』、24日の『わたしのおかげだねオンナ』に出演。

どちらの放送でも、麻央さんが亡くなる前、自身が休業する前と変わらぬ、「安定のぶりっ子演技」を披露。イラッとしてしまう悪役ぶりに、スタジオからも「仕上がっているな」や「すごい」など感嘆の声が上がった。

■放送前にはブログを更新

番組放送前、麻耶はブログで

「相変わらず…笑…『ぶりっ子』キャラを演じています。…楽しかったです! ぶっ飛んでおります。なかなか日常ではできないのでスカッとジャパンならではですね。ぜひ、ムカッとしてスカッとしてください」

と、綴っていた。

■「かっこいい」称賛の声相次ぐ

3日と24日の放送を見た視聴者からは、いつもと変わらぬぶりっ子演技で悪役を演じる麻耶を、称賛する声があがっている。

スカッとジャパンでの小林麻耶のキャラはやっぱ腹立つ女だなって思うけど、小林麻耶こそ強い女だなって思う。

— かにゃんこ (@t____k0802) July 3, 2017

小林麻耶ちゃん。

かっこいいです。

スカッとジャパンみてて、
ただそれだけ。

プロだなってほんと思った、

— ちよ・??・?スーパーシコシコタイム (@butt02erfly02) July 3, 2017

私、小林麻耶がスカッとジャパンみたいな役でも心のそこから頑張って欲しいと思う

— まいまい≪趣味垢≫ (@dreamuto) July 3, 2017

スカッとジャパンに小林麻耶出ててちょっと泣きそうなんだが

— 夏のキセキ (@kajipink1201) July 3, 2017

今休憩中でスカッとなんとか観てるんだけど、妹亡くなったからドタバタして大変だったろうに、小林麻耶さんぶりっ子キャラ全開で演技しててすごい、プロだ…いつ収録したのかわからないけど…

— つゆり京? (@K_tuyuri) July 24, 2017

中には、「麻央さんの訃報のあとなので、ムカッとできない」といった声もみられるものの、同番組での麻耶のぶりっ子演技を存分に楽しみ、「イラッとした」「ムカついた」といった褒め言葉で、声援を送るユーザーが続出している。

■麻央さんの乳癌発覚後、麻耶の印象は変わった?

しらべぇ編集部が全国の20〜60代男女1,358名を対象に、「小林麻央さんの乳癌発覚後の小林麻耶の印象について」調査を実施したところ、「いいほうに変わった」と回答した人は全体で28%にのぼり、中でも女性たちにの間で印象に変化があったことが伺える。

©sirabee.com

TBSアナウンサー時代から、「ぶりっ子キャラ」が定着していた麻耶は、女性から何かと反感を買ってしまったことも。

しかし、麻央さんの乳癌が発覚、公表されてからは、妹に対する深い愛情から、献身的に看病する姿が報じられるようになり、麻央さんのブログなどを通じて、家族一丸となって大病と戦う様子が、日本だけでなく世界に大きな影響を与えた。

麻央さん亡きあとも、勸玄くんや麗禾ちゃん、海老蔵をサポートしながら、芸能活動に励む麻耶。彼女の今後の活躍を、温かく見守っていきたい。

・合わせて読みたい→小林麻耶、最愛の妹・麻央さんへの思いを語る 「もっと一緒に生きたかった」

(文/しらべぇ編集部・もやこ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」?
調査期間:2016年6月24日〜2016年6月27日
対象:全国20〜60代の男女1358名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)