『僕やり』葉山奨之演じるマルが「クズすぎる」と話題に

『僕やり』葉山奨之演じるマルが「クズすぎる」と話題に

『僕やり』葉山奨之演じるマルが「クズすぎる」と話題に

マル役の葉山奨之(C)関西テレビ

窪田正孝主演で放送中のドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ・関西テレビ系)の第二話が25日、放送された。

今宵役の川栄李奈のキスシーンなどが注目される一方、葉山奨之演じるマルにも注目が集まっている。

■爆発後からパイセンの逮捕まで

(C)関西テレビ

本作は毎日を「そこそこ楽しく」過ごしていた高校生たちが、ヤンキーにイタズラ半分で復讐を仕掛けた結果、爆発事故を起こしてしまい、逃走劇を始めてしまうというストーリー。

第二話では爆発後の4人の行動が描かれた。パイセン(今野浩喜)に激似の似顔絵が公開され、警察の捜査の手が近づくのを感じるトビオは、恐怖に押しつぶされそうに。

結果、パイセンの提案で海外へ逃げることになるが、空港でパイセンが警察に捕まってしまう……というのが今回のストーリーだった。

■ヤンキーの死にニヤリとするマル

そんな中、ネット上で話題となったのが葉山奨之演じるマルの「クズっぷり」だ。新たな生徒の死が確認されたというニュースを暗い部屋の中で見たマル。

その生徒はかつてウンコ(加藤諒)とタイマンデスマッチを強制された際、その後にマルをボコボコにした筋肉ムキムキな矢波高生・松崎健象(鈴木貴之)だった。

いくら自分を半殺しにした人間とは言え、死亡のニュースを聞いてニヤッと笑うとは……。

また、その後にもパイセンに散々媚びていたにも関わらず、日本脱出の約束をドタキャンするという行動も。

■ツイッター上でも感想続々

ツイッター上でも、マルのクズっぷりについてつぶやく声が多く確認できる。

マルがクズなんだなぁw
どこまでやるんだろう!#僕たちがやりました

― こ 24:30TETSUYA (@bluezooone) 2017年7月25日

マルが正真正銘のクズでしかなくて草も生えない#僕たちがやりました

― えいとく (@boildaaaaaa) 2017年7月25日

伊佐美が1番まともかなーわからんけど。マルがめっちゃクズで見てて気持ちが不安定になる。

― Mii (@miiina613) 2017年7月25日

今回1話より面白かった気がする 窪田くんの追い詰められた演技は永遠に見てられるな…
あとマルがクズ覚醒してて最高

― あかもち (@acmochi_mochi) 2017年7月25日

■自分をクズだと思う? 該当率は…

©sirabee.com

なお、しらべぇ編集部が行なった調査では「自分のことをクズだと思う」と回答した人は全体の4人に1人となっている。

もっとも、原作マンガで描かれたマルのクズっぷりはこんなものではなく、むしろ今後ますます酷くなっていく。視聴者に嫌われてしまうほど攻めた演技と脚本を期待したい。

《これまでに配信した『僕たちがやりました』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒『僕やり』巨乳女子役・川栄李奈に反響 大胆な台詞に興奮する人も

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
?調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日
対象:全国20〜60代の男性1365名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)