ガン克服の元プロボクサー竹原慎二が激白 セカンドオピニオンの選び方とは

ガン克服の元プロボクサー竹原慎二が激白 セカンドオピニオンの選び方とは

ガン克服の元プロボクサー竹原慎二が激白 セカンドオピニオンの選び方とは

(画像は公式Twitterのスクリーンショット)

病気の診断や治療法を主治医とは別の医師に意見を求める「セカンドオピニオン」に注目が高まっている。

2014年に膀胱ガンと診断されたが、懸命な治療によってタレント復帰を果たすことに成功した元プロボクサー・竹原慎二がセカンドオピニオンの選び方を語った。

■1人の医者を信じて後悔

竹原は、26日に放送された、フジテレビ系『ノンストップ!』に出演。

「激痛が来たときは本当に辛くて、先生に電話して伝えたら、『そんなはずはない』と否定する。1人の医者を信じすぎて後悔した。治療方針も俺がすべて決めるという感じだった。他院に渡すデータが欲しいと頼んだら、すごく嫌な顔をされた」

と、1年に渡ってガンを膀胱炎や前立腺炎と診断し続けた主治医とのエピソードを話した。セカンドオピニオン選びをする際に重要視したポイントは2つあるそうだ

(1)主治医とは違う治療法で方針が希望にあっているか。

(2)何度も通えるように家から近いところ。

西川史子は医者の立場で「最初の病院では、症状が出て無くてどこの病院に行っても見つからなかったかもしれない。懸命にやってたんだと思う」と話した。

■ネットの反応は…

ネットでは「重い病気はセカンドオピニオンを希望する」「馴染みの医者を信用するのもいいと思う」と賛否両論ある。

人生が左右されてしまうような重い病気はセカンドオピニオンを希望するなぁ#ノンストップ

— タングステン (@ko1025ko) July 26, 2017

重い病気の可能性がある時は、セカンドオピニオンは大事だと思う。#ノンストップ

— しゃけとんぼ (@syakemonspecial) July 26, 2017

セカンドオピニオンよりやっぱり馴染みの医者を信じるのもいいと思う。#ノンストップ

— オティムコ (@otimuko) July 26, 2017

■セカンド・オピニオンを受診したことがある?

しらべぇ編集部では、全国の20代〜60代の病院に行ったことがある人1,248名に、セカンド・オピニオンの経験について調査を実施。

©sirabee.com

結果、「受診したことがある」と答えた人は、わずか17.7%。8割以上がセカンド・オピニオンを受診せず、1人の医師から出された診断を信じているよう。

診察ではなく相談になり、保険適用外のため自己負担をしなければいけない。また、主治医の診断書が必要で、ハードルを高く感じることが結果につながっていそうだ。

しかし、セカンドオピニオンによって病気が発見される可能性もあるので、医師や治療法に疑問を感じたら受診してみるといいかもしれない。

・合わせて読みたい→重要性が叫ばれる「セカンド・オピニオン」 実際に受診した人は?

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年3月24日〜2017年3月26日
対象:全国20代〜60代の病院に行ったことがある男女1,248名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)