指原莉乃もドン引き! 男たちの「性交渉の誘いを断るテクニック」がゲスすぎる

指原莉乃もドン引き! 男たちの「性交渉の誘いを断るテクニック」がゲスすぎる

指原莉乃もドン引き! 男たちの「性交渉の誘いを断るテクニック」がゲスすぎる

(画像はAbemaTVのスクリーンショット)

「今日したいの…」と女性から性交渉を求められることは、男性にとっては嬉しいことのほうが多いだろう。しかし、ときには「今日はダルいなぁ」と面倒くさくなることも。

25日放送の『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(AbemaTV)で明かされた、「サイテー男」たちの夜の誘いを断るテクニックが、話題になっている。

■「男の子の日」で断れる?

番組では、「したくないのに女性から誘われたときの上手い断り方はありませんか?」という男性の悩みについてトーク。

相談主の男性によれば、加齢に伴う性欲の減退により、性行為をするのがしんどくなってきたとのこと。そこで、女性を傷つけずに上手く断る方法を知りたいそう。

その中で、ひとりの男性から「生理って言いますね。『男の子の日です』って」という意見が。

「男性にも生理がある」ということを相手女性へ真剣に伝えるそう。「3日目で一番しんどいだよね…」や「知らないの? この間ニュースでやってたじゃん」と、女性の目を見ながら訴えるようだ。

■指原も「頭おかしい!」

男性によれば、「ちょっと頭の弱い子だったら『そんなのあるんだぁ』みたいな」とそこそこの効力があるよう。

この話を受け、指原莉乃(24)は「頭おかしい! マジでひどい、サイテー!」との声が。

さらに、もしも指原がこの言葉を言われたらと聞かれると、「頭おかしいのかなと思ってやめる。それであきらめられる」との感想も。

もしかすると、万能な決めセリフなのかもしれない。

■2、30代女性の2割が「勃たなかったら自分のせい」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の女性670名に「男性が勃たなかったとき」について調査したところ、1割が「自分(女性)の責任だと思う」と回答。

©sirabee.com

2、30代の女性では2割がそのように感じているよう。

もしも、女性からの誘いを断れない…と悩んでいたら、一度試してみるのもいいかも。

・合わせて読みたい→指原莉乃、恋人のスマホは「見るけど自分は見せない」発言 「サイテー女」と非難の声

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年1月22日〜2016年1月25日
対象:全国20代〜60代の男女1340名

関連記事(外部サイト)