夏菜の朝ドラヒロイン時代の奇行がヤバイ 「闇が深すぎる」の声も

夏菜の朝ドラヒロイン時代の奇行がヤバイ 「闇が深すぎる」の声も

夏菜の朝ドラヒロイン時代の奇行がヤバイ 「闇が深すぎる」の声も

(画像はInstagramのスクリーンショット)

映画『GANTZ』でブレイクし、NHK連続テレビ小説『純と愛』で朝ドラヒロインを務めるなど人気の女優・夏菜(28)。

26日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で朝ドラ時代の闇を告白し、話題になっている。

■朝ドラを機に「闇」へ

前作『梅ちゃん先生』、前々作『カーネーション』が平均視聴率が20%ほどだったことから、ひどくプレッシャーを感じていたという夏菜。

1話の放送直後から「朝からうるせぇドラマだ!」「たいして可愛くないのに叫んでんじゃねえよ!」といった視聴者のクレームが大量にNHKに届いていたようで、心が傷ついたという。

そのせいで「飲まなきゃやってられない生活に変わっていく」と嘆くほどの状態だったそう。

泥酔する日々を送っていたという夏菜に、MCのフットボールアワー・後藤輝基(43)から「朝ドラヒロインの私生活じゃない」というツッコミが。

■歴代朝ドラヒロインたちの闇

また、夏菜は大阪にある歴代朝ドラヒロインたちが泊まるマンションに宿泊したとき、部屋の壁にはヒロインの誰かが拳で空けたであろう穴があったことを暴露。

朝ドラヒロインたちの闇にスタジオは騒然。しかし、夏菜は「その気持ちわかるな」と思ったといい、その穴を見て頑張っていたようだ。

■朝ドラ終了後に崩壊?

『純と愛』が終了後、次に始まったのが、のん主演『あまちゃん』だった。世間のフィーバー状態に、心がボロボロになったという夏菜は「あれから朝ドラ見てない」と発言。

さらにスタジオから「そういうときって正直『どうにかなってしまえ』と思いますか?」と聞かれ、「願いました、ほんとに」と本音を明かした。

その影響で精神状態がおかしくなっていたという夏菜は、マネージャーと飲みに行った際、店のトイレで奇声を上げながら大量に水を流したという。

このエピソードに、スタジオからは悲鳴が。後藤も「ブチ壊れてる」とツッコミ入れ、笑いを誘った。

■6割の人に黒歴史アリ

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,336名を対象に「消したい過去があるか」について調査したところ、6割が「ある」と回答。

©sirabee.com

若い世代ほど心に黒歴史を抱えているよう。年齢とともに「ま、いっか」と過去を受け入れられるのかもしれない。

なんでもぶっちゃけキャラで人気の夏菜。もしかすると、今後も衝撃エピソードが語られるかも。

・合わせて読みたい→夏菜、泥酔して埼玉の山奥の駅で捜索願い騒ぎ 「バカにするな!」と埼玉県民が激怒

(文/しらべぇ編集部・らむたそ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20代〜60代の男女1,340名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)