大竹しのぶが明石家さんまら「関わった60人の男」と還暦祝い 時給1000円でバイトも

大竹しのぶが明石家さんまら「関わった60人の男」と還暦祝い 時給1000円でバイトも

大竹しのぶが明石家さんまら「関わった60人の男」と還暦祝い 時給1000円でバイトも

その高い演技力から「憑依型女優」と呼ばれ、2011年には紫綬褒章も受章した名女優・大竹しのぶ(60)。

27日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(日本テレビ系)に出演した大竹が、還暦を迎えて「関わった男60名」を招いたパーティー、「時給1000円でバイト」をしているなど赤裸々な私生活を告白し、話題となっている。

(画像はゴールデンボンバー・鬼龍院翔オフィシャルブログからのスクリーンショット)

■関わった男を招いてのパーティー

還暦祝いに、「大竹しのぶと60人の男たち」と題し、元夫・明石家さんま(62)、野田秀樹(61)など「関わった男たち」を招いたパーティーを自身で開催

前半は役者・演出家などから祝いのコメントを贈られたが、「20分はさんまに用意した」と笑いを誘う。

後半は親交のある山崎まさよし(45)、西川貴教(46)、ゴールデンボンバー・鬼龍院翔(33)、TOKIO・長瀬智也(38)らとライブを披露。

「この60人に入るのは光栄」と司会・有吉弘行(43)も羨むが、「入って嬉しいのか怖いのかって、みんなが言ってた」という大竹の言葉に「抜けられない会員みたいな」と本音を漏らした。

■迫真の演技

つづいて、38年前『にんじん』で演じた14歳の主人公を還暦となったいま再び演じる、女優としての大竹にも迫る。

豊川悦司(55)が「自分が出ていなくてよかった」と語ったのは、共演した映画『後妻業の女』での1シーン。

娘役・尾野真千子(35)と本気で殴り合い、揉みあう場面で、尾野も思わず「クソババア」と叫ぶほど白熱した芝居を見せる。

また、最高視聴率31.7%を記録した『男女7人夏物語』のさんまとの食事シーンでは、さんまのアドリブに笑ってしまったがあまりに自然な芝居で、そのまま放送されたという。

■時給1000円でバイト

息子のママ友、25年来の友人に頼まれて寿司店でバイトをしていると告白。

友人から「今日バイトいない」とSOSが入ると「7時からなら入れるよ」と皿洗いや接客のバイトに向かう。

バイト代も出るが、時給1000円で1日5000円。「お店用のエプロンを買ったら5000円だった」と笑う。

夜な夜なYouTubeを楽しんでいるという意外な素顔。さらに娘のIMARU(27)からは「ミーハーで、薦めたミュージシャンとすぐ食事に行く」と暴露も。

RADWIMPS・野田洋次郎(32)や高橋優(33)と親交があり、今では食事に行く仲。IMARUも「(自分が薦めたのに)私抜きで行く。結構、先取り」と嫉妬をのぞかせた。

■羨む視聴者続出

しらべぇ取材班で視聴者の感想を調査してみると、還暦でありながら魅力的な大竹への賞賛と、人気ミュージシャンとの交友関係に羨む声が溢れていた。

桜井有吉の夜会

大竹しのぶ 面白い。

離婚しても元のひとと関われるの羨ましい。。

— ライアンギグズ (@yanqiyisheng) July 27, 2017

大竹しのぶの、魔性の女感すごいなー。年齢を物ともせずに少女的コケティッシュさに溢れてる。この自信、見習いたい。

— fukulove30ネバアランド余韻 (@fukulove30) July 27, 2017

大竹しのぶさん凄いなぁ〜
還暦になって、前に演じた14歳の役を、再現するなんて素敵( ´?` )

— マオ (@pc1noko) July 27, 2017

紫綬褒章を受賞されるほどの役者でありながら
還暦を迎えて寿司屋でバイトしつつYouTube観て夜更かししちゃう大竹しのぶさんほんと好き

— なみき (@Gele_Namiki) July 27, 2017

大竹しのぶ羨ましいわ!

— [あつ]@wimper (@wimper_atsu8) July 27, 2017

大竹しのぶを時給1000円で使う寿司屋スゴいな(((?д?;)))

— がるしぃ (@notkinkybutKix3) July 27, 2017

女優として、女性としてますます輝き続ける大竹しのぶ。明石家さんまや野田秀樹ら、才能ある男性を魅了し続けたが、還暦となってもその魅力に陰りは見られない。

・合わせて読みたい→吉岡里帆は「魔性の女」で「サイコパス」?大竹しのぶが素の姿語る

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

関連記事(外部サイト)