『ノンストップ!』自由研究のテーマを親が決めていいか問題 カンニング竹山の意見が深い

『ノンストップ!』自由研究のテーマを親が決めていいか問題 カンニング竹山の意見が深い

『ノンストップ!』自由研究のテーマを親が決めていいか問題 カンニング竹山の意見が深い

画像は公式Twitterのスクリーンショット)

全国の子供たちが待ちわびる夏休み。学校もなく毎日遊べるイージーモードと思ったら、宿題という恐怖が待っている。とくに自由研究は、親のメンツをかけた戦いになっていて熱が入るもの。

そんな中、28日に放送されたフジテレビ系『ノンストップ!』では、夏休みの自由研究のテーマを親が決めてもよいのか徹底討論が繰り広げられた。

■好きなことなら何でも自由研究

本人の興味のテーマで取り組んでほしいが親が「これをやったら?」と決めてしまいそうといった投稿を元に討論。それぞれ意見を出し合った。

ハイヒール・リンゴ:親が決めてもいいと思う。決められない段階でその子には才能がない。出来ないなら決めてあげたほうが子供も楽。

大神いずみ:テーマが出るのを待っていたら夏休みが終わる。

宮川一朗太:僕は、反対。自分に置き換えたら、興味ないものをやればと言われてもやる気にならない。大きくこっちの方向で探したら?って言うのはありだと思うけど。

一方で、カンニング・竹山は別の視点から意見を出した

「学校の宿題は、自由研究や読書感想文など色々なものがある。全部が平均的にできたらじつは大人って面白くない。自由研究もちょろっと誘導するだけならいいと思うけど、クオリティまで求めたらダメだと思う。

研究が大嫌いな子もいる。けど、走るのが大好きな子は、自分が夏休みどれくらい走ったかを書けばいいと思う。自分が好きなことを書いたりすれば研究になると思う。それが一番いいと思う」

■ネットでは竹山に同意する声

ネットでは、「子供が好きならなんでもいい」「竹山さんいいこと言う」「うちの子の担任になってほしい」など、竹山を称賛する声が多い。

竹山さん、その通り、子供が好きなテーマならなんでもいいんです。フリーテーマなんだから#ノンストップ

— Weeen (@Weeen_T) July 28, 2017

カンニング竹山さん
なんか良い事言う#ノンストップ

— 月狂-LUNAtic- (@s_yk6) July 28, 2017

竹山さん、うちの子の担任になってください。#ノンストップ

— かずたみかず (@goodby441108) July 28, 2017

■過半数が宿題を手伝った経験

しらべぇ編集部では、全国の子供がいる男女467名を対象に「子供の夏休みの宿題を手伝ったことがある」人の割合を調査。

©sirabee.com

すると、母親のほうが子供の宿題を放っておけない傾向にあることが明らかになった。

夏休みの自由研究を手伝うことは悪いことではないが、あくまで子供の自由研究。親の作品展示会ではないので、クオリティは求めず、自主性を伸ばす方法で手助けをするのがよさそうだ。

・合わせて読みたい→ 過保護なのか?子供の夏休みの宿題を手伝う親はこんなにも…

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年7月22日〜2016年7月25日
対象:全国20代〜60代の子供がいる男女467名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)