駆除ではなく一緒に生きる! 『鉄腕DASH』TOKIOの共生精神に絶賛の声

駆除ではなく一緒に生きる! 『鉄腕DASH』TOKIOの共生精神に絶賛の声

駆除ではなく一緒に生きる! 『鉄腕DASH』TOKIOの共生精神に絶賛の声

(Tomo_T/iStock/Thinkstock)

30日放送の日本テレビ系人気バラエティ番組『ザ!鉄腕DASH!』は、「新宿DASH」を放送。城島茂と国分太一が去年のクリスマスに植えたカブの成長を確認するべく、畑を訪れた。

■種がごっそりと取られたカブを発見

2人が畑を訪れると、目の前には順調育ったカブが。その出来に、思わず城島が「種が詰まっている」「上出来ですよね」と声をあげる。

しばらくすると、国分が枯れているように見えるカブを発見。確認してみると、見事なまでに種だけがごっそりと取られており、なんらかの生物に食べられてしまった模様。

そこでカメラを仕掛け、なにがあったかを観察してみることにする。3日後に映像を確認してみると、種を食べていたのは、記事写真にある『カワラヒワ』という鳥。

親子3羽と思われるそれが、カブの種を食べていた。

■駆除ではなく「共生」を提案

TOKIOにとってこのカブは、農業の師匠である三瓶明雄さんから譲り受けた大事なもの。その種を食べられたとなれば、激怒し「駆除」を考えるのは、当然のことだ。

しかし2人は、一生懸命種の「食べ方」を教える母鳥と、それを受けて食べる子鳥の映像を見て「頑張って食べて欲しいなあ」と発言する。

さらに城島が「こういう関係を残しておいてあげたいね」と提案すると、国分も「僕らもこれぐらいでいいわけでしょ」と同調。自分たちに必要な分だけを育て、残りは「鳥が食べるエリアを」とすることに。

■その姿勢に絶賛の声

カブにとって「害虫」とも言うべき鳥を駆除せず、食べるスペースを設けるという姿勢に、ネット民は「これが本当の共生」と絶賛の声が続々。

明雄さんが残した種だからと、野鳥に食べられないようにするのが普通の反応だと思うけど。他の生物の生きる糧となるのを喜ぶとか、感情汚れきった私とかには全然なかったのを教えてくれた。言葉にするのすごく難しいけどなんか涙出てきた。#鉄腕DASH

— すぱな (@kisaki_mikado) July 30, 2017

#鉄腕DASH
でも、TOKIO偉いね。
明雄さんから貰った種で育てた野菜の種を鳥に食べられても「ひながちゃんと食べられるが見たい」とか「残りは鳥の分」って残してあげる。
鳥から食べられないようにしよう、じゃないんだよね。

— 赤しそ (@kapi_bara333) July 30, 2017

実際デビュー当時からTOKIOを知ってると、後に畑を作ってそのタネを食いに来た鳥に対し「自分たちは5株あれば十分だから食べてもらおう」なんていう40代になることを想像できた人間は居ないと断言できるし、正直想像より虚数軸の方向に上を行ってる#鉄腕DASH #鉄腕ダッシュ

— 小四方 (@disk_112) July 30, 2017

「昭雄さんの種なのにー??カワラヒヤよバカー」と思った浅慮な私…。鳥さんにご飯を残してあげたいだなんて…。自分たちの必要最低限をとってあとは自然に活かすなんて…。TOKIOさんに頭あがりません?#鉄腕DASH

— くらげ (@0707_317) July 30, 2017

TOKIOは優しいなぁ。明雄さんの大事な種で、開拓した狭い畑で育てたカブの種、鳥が来て食べられても全然怒らずひな鳥まで来て上手く食べれないとこ見て「何とか上手に食べて欲しいなぁ」「僕らこれくらいあればいいもんね」だって。国分太一くんと城島リーダー素敵だ〜 #鉄腕DASH

— 海 (@hacci24mag_mh) July 30, 2017

手塩にかけて育てた農作物を「荒らす」鳥をも許し、共生しようとする心。日本人が忘れかけていた精神を、TOKIOが見せてくれた。

・合わせて読みたい→城島茂が表情を変えて大絶賛 『鉄腕DASH』登場の「枝豆のホイル焼き」が話題に

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

関連記事(外部サイト)