堀江貴文氏らによる国内初の民間ロケット打ち上げ いよいよ10時20分以降に

堀江貴文氏らによる国内初の民間ロケット打ち上げ いよいよ10時20分以降に

堀江貴文氏らによる国内初の民間ロケット打ち上げ いよいよ10時20分以降に

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

ホリエモンこと堀江貴文氏が創業した宇宙開発ベンチャー、インターステラテクノロジズ社が開発した『MOMOロケット』。

北海道・大樹町で30日5時以降に予定されていた、国内初となる民間ロケットの打ち上げが、想定外のトラブルにより「10時20分以降になる」と発表された。

想定外のトラブルが出てもう一度整備してから10:20-12:30のウィンドウで再打ち上げです。

— 堀江貴文(Takafumi Horie) (@takapon_jp) July 29, 2017

■民間ロケットは海外が先行

日本ではロケットといえば、宇宙航空研究開発機構(JAXA)によるもの。

しかし、米国ではPayPal社創業者のイーロン・マスク氏が設立したベンチャー企業、スペースX社が低価格ロケット『ファルコン9』で存在感を増している。

今回の挑戦には、大きな期待が寄せられている。

■十勝毎日新聞社などが生中継

注目が集まるロケット打ち上げは、十勝毎日新聞社などがYoutubeで生中継。再延期される可能性はあるが、楽しみに待ちたい。

・合わせて読みたい→ホリエモンが語る秋元康氏の執着心 「すごい、ハンパねぇ」と感嘆

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

関連記事(外部サイト)