国内初の民間打ち上げをめざすホリエモン『MOMOロケット』 16時半に延期

国内初の民間打ち上げをめざすホリエモン『MOMOロケット』 16時半に延期

国内初の民間打ち上げをめざすホリエモン『MOMOロケット』 16時半に延期

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

堀江貴文氏が創業したベンチャー企業、インターステラテクノロジズ社による国内初の民間ロケット『MOMO』。

当初、本日午前中に北海道大樹町で打ち上げを予定していたが、「海上の安全が確認できない」として延期に。

その後、「打ち上げ時刻16時半に変更した」と発表された。

海上の保安確保のため、打上げ予定時刻を16:30に変更します。なお、この時刻は前後する可能性があります。引き続き液体酸素の充填作業が進行中です。 #momo_tf1

— なつのロケット団公式 (@natsuroke) July 30, 2017

■ネットでも期待が高まる

ネット人気が高い堀江氏の挑戦ということや、ベンチャー企業が宇宙に挑むという夢の大きさからか、ネットでも期待の声が目立つ。

MOMOロケットかロマンあるね。
俺も仕事がんばるかな。

— リョウ (@Ryo52157) July 30, 2017

堀江さんのISTのMOMOロケット打ち上げライブ楽しみ 延期しまくってるけど

— LudyM (@L_ucidy_M) July 30, 2017

MOMOロケット視界が微妙なのがちょっと残念だなぁ。晴れて欲しかった。打ち上げ成功願ってる。

— ゆういちろう@ずωだ通信担当 (@yuuitirou528) July 30, 2017

ホリエモンロケットどうなったかな?
たしか30日午後3時に打ち上げ予定していた
天気もあるからわからないけど
これは発展途上国にも宇宙への参入の希望を与えると思う
しかし燃料がエタノールはすごい

— かかし (@uhron555) July 30, 2017

■十勝毎日新聞社などが生中継中

今回の打ち上げは、十勝毎日新聞社など複数のメディアが生中継を実施している。

■「初挑戦での成功」なるか

『MOMOロケット』は今回が初の打ち上げだが、宇宙ベンチャーとして先行する米スペースX社は、2006年の『ファルコン1』ロケット初回打ち上げに失敗。

打ち上げ成功までには、その後2年の歳月を要した。しかし、その後機体を大型化した『ファルコン9』ではすでに30回以上の打ち上げに成功している。

スペースX社でさえなしえていない「初打ち上げでの成功」を実現できるのか、注目したい。

・合わせて読みたい→堀江貴文氏らによる国内初の民間ロケット打ち上げ いよいよ10時20分以降に

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

関連記事(外部サイト)