コスパ最強のうに丼は青森県にあり! 外ヶ浜町の名店『旅路』を直撃

コスパ最強のうに丼は青森県にあり! 外ヶ浜町の名店『旅路』を直撃

コスパ最強のうに丼は青森県にあり! 外ヶ浜町の名店『旅路』を直撃

夏は北海道や東北などの漁場をメインに、甘くとろける『うに』のシーズンである。

とくに北海道の函館や積丹のうには質がいいことで知られているが、青森県のうにもなかなかのものだ。

■青森県でも良質なうにが獲れる

©sirabee.com

青森県内でも美味しいうにが獲れる場所は、うにの良質なえさになる昆布が生えている津軽半島北部や、下北半島周辺。

そこで獲れたうには北海道のものに負けず劣らず甘いのだが、金額は半額以下で購入できることもあり、コスパ重視のうに丼マニアは青森県へ行く人も多い。

■うに丼の名店『旅路』

©sirabee.com

そんなマニアに人気の青森県のうに丼のなかでも、もっとも有名な店が、外ヶ浜町にある食堂『旅路』だろう。

うに丼は予約必須で、休日になると1カ月ほど前から予約しないと食べられないことも。平日でさえ当日飛び込みでうに丼にありつける確率は、かなり低い。

■リーズナブルなのに作り方は丁寧

©sirabee.com

旅路のうに丼はリーズナブルなのに、作り方は非常に丁寧。フタをパカッとあけてみると…

©sirabee.com

うにひとつひとつを丁寧に海苔が敷かれたご飯の上に、びっしりとのせている。これで2,000円とは、北海道で同価格を支払っても食べられないだろう。

■そのまま食べても美味しいうに

©sirabee.com

気になる味は、漁師が獲ってきた新鮮なうにをミョウバンなどの保存料を使わずそのまま乗せているため非常に甘く、苦味は一切ない。

©sirabee.com

わさび醤油をかけずに食べても美味しいので、半分はそのまま、半分は醤油をつけて食べるのがおすすめだ。

■青森県には隠れたうに丼の名店がたくさん

ちなみに青森県には旅路以外にも、グルメサイトにほぼ情報がない、美味しいうに丼を提供する隠れた名店がたくさんある。

ねぶた祭りのシーズンに青森県へ訪れる人は、祭りを楽しむ以外にも、うに丼巡りをすると面白いかもしれないぞ。

【うに処 旅路】

青森県東津軽郡外ヶ浜町字平舘弥蔵釜122-7

・合わせて読みたい→ピーマンと塩昆布を和えるだけ! 高知名物『切りピーマン』が異常なウマさ

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)

関連記事(外部サイト)