自分の臭いが気になる若者急増!しかし喫煙者は少ない傾向に

臭いについての調査で自分の臭いが気になる人は39.9% 喫煙者は自分の臭いに疎い傾向

記事まとめ

  • 20〜60代の男女1342名を対象にした調査で「自分の臭いが気になる」と答えた人は39.9%
  • 男性でも20代では4割を超えるが50代以上は3割以下とあまり臭いを気にしない人が増える
  • また、汗っかきの人は半数以上が自分の臭いを気にするが、喫煙者は気にならないよう

自分の臭いが気になる若者急増!しかし喫煙者は少ない傾向に

自分の臭いが気になる若者急増!しかし喫煙者は少ない傾向に

自分の臭いが気になる若者急増!しかし喫煙者は少ない傾向に

(?ぱくたそ)

夏場になると汗をかくために、他の季節よりも気になるのが自分の臭いだ。ドラッグストアでも、さまざまなデオドラント対策製品が販売されている。

■約4割が臭いが気になると回答

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,342名に「臭いについて」の調査を行なった。

その結果、「自分の臭いが気になるほうだ」と答えた人は全体で39.9%であった。

「夏場は、やっぱり気になる」(20代・女性)

やはり自分の臭いを気にしている人は、一定数いるようだ。

■女性の多くが自分の臭いを気にしている

年代別では、どの年代でも女性が多くなっている。

©sirabee.com

さらに女性でも40代以下は半数を超えており、若い世代の女性は臭いを気にしながら生活をしている人が多数を占めるのだ。

「暑い日ばかり続いているから、出勤だけで大量の汗をかいてしまう。拭いたりデオドラントスプレーをしたりの対策はしているけど、他の人に臭っていないか気になる」(30代・女性)

■20代では男性でも汗ふきシート

男性でも20代では4割を超えており、臭い対策をする習慣が広がっている。

「夏は汗ふきシートを常備して、汗をいっぱいかいたときにはトイレで拭いている」(20代・男性)

しかし50代以上は3割以下と少なくなり、あまり臭いを気にしない人が増えるのだ。

「生き物だから、多少の臭いはあるでしょう。まったく気にしないのもいけないけど、最近はみんな過度に気にしすぎている気がして」(50代・男性)

■喫煙者は自分の臭いに疎い人も

汗っかきの人は、やはり半数以上が自分の臭いを気にしている。

©sirabee.com

しかし喫煙者は、汗っかきよりも11ポイント以上少ない割合なのだ。喫煙者は、服などについたタバコの臭いが気にならないのだろうか。

「自分ではわからないから、それほど臭っていると思っていない。たぶん、臭うんだろうけど」(40代・男性)

ヘビースモーカーはタバコの臭いに慣れているので、自分ではわからないようだ。

他人が不快にならない程度に、臭いに気を遣う必要はあるかもしれない。しかしあまりに気にしすぎると、生きづらくなってしまうだろう。

・合わせて読みたい→自分の汗のニオイにドキッ! そろそろ気になるデオドラント

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,342名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)