お笑いコンビ・中川家、少年期の問題行動を激白 「子供は暇があると危険」

お笑いコンビ・中川家、少年期の問題行動を激白 「子供は暇があると危険」

お笑いコンビ・中川家、少年期の問題行動を激白 「子供は暇があると危険」

©sirabee.com

30日に放送された、テレビ朝日系バラエティ番組『しくじり先生』に人気お笑いコンビ・中川家が出演。

少年時代の「問題行動」によって大惨事に至ったエピソードを語った。

■暇すぎて危険な行為

兄・剛によれば、少年時代に「暇すぎた」ことが原因で起きたことだという。

「自転車に乗り、坂道をノーブレーキで下る度胸試し。つまらなくなると、礼二を後ろに乗せて落ちるなよ、落ちたら罰と言いながら走った。落ちないと面白くないので走りながら礼二を押す。そうしたら、礼二が転倒し血だらけになった。

こんな度胸試しをしていると、行動はエスカレートして左右の確認をせずに大通りに飛び出すようになった。結果、路線バスと衝突し地面とバスの間に挟まれた。当たる前に転んだからか助かった。恐怖で震えが止まらなかった。交通事故は本当に怖い」

その結果、自転車に乗ることは禁止に。他にも、マッチをイタズラして、中川家を炎上させてしまう事態も。

大人になった中川家は、自分と同じようなしくじりをして欲しくないと願いから「子供が起こす大惨事は小さな悪ふざけから始まる。

子供に暇な時間を与えず、熱中する事をひとつ見つけてあげよう」と教訓を語った。

■ネットの反応は…

ネットでは「子供の責任は親の責任」「大人の責任だよな」「すべては親の行動次第」など、子供の責任は責任であるといった意見が多くなっている。

しくじり先生でいい事を言っていますね(´・ω・`)子供の責任は親の責任ですね

— 月曜日 (@monmon_day) July 30, 2017

大人の責任だよな。火の元の管理はきっちりしないと。  #しくじり先生

— Turbo (@turbo81314) July 30, 2017

#しくじり先生
子供達から熱中できるものを取り上げて暇を与えてしまい家も人生も燃やすか

熱中できるものを一緒に探し 子供が青春と情熱の炎を燃やすか
全ては親の行動次第

— 金魚 (@megumiruku100) July 30, 2017

■子供の問題行動は親の教育が悪い?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名「子供の問題の責任」について調査したところ、およそ5割が「親の責任」と回答。

©sirabee.com

子供は自転車で親の目の届かないところへ行動範囲を広げることもあり、すべての行動を見ることは困難であるが、危険や問題行動について教育をしていれば、未然に防げる行動が多いのは事実だろう。

とくに夏休みは子供たちが暇を持て余す。中川家が言うように何か熱中できることを見つけることが安全を守ることにもつながるかもしれない。

・合わせて読みたい→小学生の間に「車の前に飛び出す」遊びが流行 危険な度胸試しに怒りの声

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太 イラスト/ミキシマ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日
対象:全国20代〜60代の男女1,365名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)