トレエンたかし、戦隊ヒーロー「スカートの中」へ熱視線 視聴者からは賛同の声も

トレエンたかし、戦隊ヒーロー「スカートの中」へ熱視線 視聴者からは賛同の声も

トレエンたかし、戦隊ヒーロー「スカートの中」へ熱視線 視聴者からは賛同の声も

子供だけでなく、大人にもファンの多いスーパー戦隊シリーズ。

30日『日曜もアメトーーク!』(テレビ朝日系)では、戦隊ヒーローファンの芸能人が集合した「スーパー戦隊大好き芸人」を放送したが、出演したトレンディエンジェル・たかし(31)の発言に注目が集まっている。

(画像は宇宙戦隊キュウレンジャー公式Twitterからのスクリーンショット)

■スーパー戦隊シリーズとは

スーパー戦隊シリーズは1975年の『秘密戦隊ゴレンジャー』から41作の『宇宙戦隊キュウレンジャー』までで、40年以上の歴史を刻んできた。

シリーズの共通点は「世界征服を企む悪の組織が出現して、5色のヒーローが力を合わせて戦う」、1980年の4作目『電子戦隊デンジマン』以降は「敵が巨大化し、合体ロボで戦う」というもの。

『仮面ライダー』シリーズは1人で戦う孤独のヒーローだが、スーパー戦隊シリーズは団結・チームワークをテーマにしたヒーロー像を描く。

また、トレンディドラマ全盛の1991年放送『鳥人戦隊ジェットマン』はラブストーリー、『ハリー・ポッター』が人気だった2005年には、魔法がテーマの『魔法戦隊マジレンジャー』を放送するなど、時代の流行を反映している。

■トレエン・たかしは独特の目線で…

メイプル超合金・カズレーザー(33)らが戦隊ヒーローの魅力を語る中、たかしは「カワイイ女子は変身後もカワイイ」と、名乗りのポーズや戦い方で女性ヒーローの可愛さを熱弁する。

「そういう目線で見ていた」たかしは、さらに「名乗りのとき、スカートなんで、ちょっと見れるかなって気持ちで(下から覗いて)見ていた」と、女性ヒーローのスカートの中に注目していたと告白すると、ゲストの栗山千明(32)は苦笑い。

「特に見えそうなのが(2002年26作目『忍風戦隊ハリケンジャー』の)ハリケンブルーなんですよ」と嬉しそうに語ったころには、スタジオが微妙な空気に包まれていた。

■視聴者からは怒りと賛同

たかしの発言に視聴者はどのような感想を持ったのだろうか。

たかしの言っていたハリケンブルーの件だけど確かにと思う
ハリケンブルーの衣装自体、脚は網タイツ状?になっているからパンツのところが他の戦隊とは違うように見えるんだよ語彙力の無さだな…
何が言いたいかというと変身後も水色のパンツはいてるように見えるんだよ
#アメトーーク

— ガティー (@gatty_star) July 30, 2017

たかしのどすけべ…(笑)でも気持ちはわかる#アメトーーク #スーパー戦隊大好き芸人

— 大鉄神まさと (@masa7888) July 30, 2017

トレエンたかしくんのハリケンブルーのスカート気になる話。わかりすぎて、なぜ映像が出ない!?と憤りを感じたのは私だけじゃないはず。#アメトーーク

— 稚世 (@cy4214cy0826) July 30, 2017

日曜ゴールデンで女性戦士のスカートの中が気になる言ったトレエンたかし、なかなか好感もてる #アメトーーク

— ヽ(`Д´)ノ (@uxoo) July 30, 2017

トレエンのたかしがスタジオ凍て付かせてるけど気持ちは若干解る

— 風魔つり@低浮上 (@shurikenjar) July 30, 2017

「気持ちが分かる」意見も多いが、やはり拒絶反応を示す視聴者も少なくない。

#スーパー戦隊大好き芸人 トレエンたかしだけはダメだ。なんでカットされなかったんだ?。年末の「反省大賞」は決定だな(笑)。

— のべちゃん (@EBRgutqezr8INzY) July 30, 2017

トレエンたかしの目線は、戦隊ファンとして恥?? #アメトーク

— シマチュウ (@shimachyu) July 30, 2017

大人にも人気のスーパー戦隊シリーズとはいえ、あくまでも子供向けの娯楽作品。楽しみ方は人それぞれだが、その大前提は忘れないでほしいというのがファンの本音のようだ。

・合わせて読みたい→カズレーザーが「才能の塊」と評価する芸人がヤバすぎると話題に

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)