『警視庁いきもの係』 ヤギに「紙を食べさせちゃダメな理由」が面白い

『警視庁いきもの係』 ヤギに「紙を食べさせちゃダメな理由」が面白い

『警視庁いきもの係』 ヤギに「紙を食べさせちゃダメな理由」が面白い

(C)フジテレビ

渡部篤郎&橋本環奈が凸凹コンビを演じ、話題になっているドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)。

しらべぇではこれまで主に出演者に焦点をあて、コンビ結成秘話や渡部のおじかわいさ、「だいすけお兄さん」こと横山だいすけの出演秘話などをお届けしてきたが、作中で出てくる動物トリビアもまた面白い。

30日に放送された第四話ではヤギにまつわる事件が描かれた。

■第三話の事件は「ヤギ」

(C)フジテレビ

須藤(渡部)と圭子(橋本)らが所属する警視庁いきもの係に、今回も石松(三浦翔平)が新しい事件を持ってくる。小学校教頭(高松克弥)が後頭部を殴打され、死亡した事件だ。

そばには学習塾の元経営者・津浜(志賀圭二郎)が意識不明の状態で倒れており、近くに見つかった金属棒からは彼の指紋が見つかった。

津浜が飼っていたヤギの世話をする過程で、事件の周辺を探っていく須藤たち。ふたりはヤギを使った課外授業「ふれあい教室」を巡り揉めていたそう。

だが、そこにやって来た少年(田中奏生)はヤギのおじちゃんこと津浜はいい人で、悪いことは絶対にしないと言い張る。

■ファンデーションとテスト用紙紛失事件から解決

(C)フジテレビ

そんな中、圭子は少年を制止しようと抱きとめた巡査・四十万(横山)のシャツにファンデーションがついていたことに違和感を覚える。

また、ヤギ小屋の修理のために事件当日、津浜がホームセンターを訪れていたことも突き止め、「あれだけきちんとヤギの世話をしていた人が、小屋の修理をする前に殺人をするのか」という疑問も。

推理の結果、犯人は少年の父親(小松和重)だった。ファンデーションは息子への虐待を防ぐために行なっていたもので、また彼は以前、息子のテスト用紙がヤギに食べられ紛失したという一件から、津浜と教頭の確執も知っていた。

(C)フジテレビ

■「ヤギに紙を食べさせてはいけない」理由とは?

そんな第四話において、ヤギに関する意外なトリビアが。それは「ヤギには紙を食べさせてはいけない」というものだ。

圭子いわく、今の紙は昔のものと違って食物繊維を多く含んでおらず、インクなどの有害物質も含まれているため、彼らにとって決していいものではないそうだ。

ヤギと言えばお手紙を喜んで食べるもの……と思っている人は多いが、時代が変わると動物に対する正しい接し方も変わってくるようだ。

■動物トリビアに視聴者も感心

このトリビアには視聴者も感心。「勉強になった」という声も多く確認できる。

いきものがかり、勉強になった。
今の紙は、ヤギに食べさせてはならんとな。
確かにインク、有害よね。

― まき (@mak5656) 2017年7月30日

ヤギって紙を食べる、ってより差し出されると何でも食べちゃうから実際紙を食べるとヤギが苦しむんだぞっで兄貴がかたってきたあ

― 大阪城ガン堀り姉貴 (@odaodaoda_) 2017年7月30日

昔のヤギさんお手紙と違って今の紙は有害!!!! #警視庁いきもの係

― くう@ドラマ実況アカ (@kukucooo) 2017年7月30日

■動物と接するには正しい知識が必須

なお、しらべぇ編集部ではこれまでに多くのペット関連の調査を実施済み。

©sirabee.com

たとえば、ペットを飼っている人344名に対してパートナーよりペットが大切かどうか尋ねたところ、20代では4割が該当するという結果も出ており、ペットブームが加熱化していることがわかる。

そんな中、毎話楽しい動物トリビアを提供してくれる本作。気楽に見られる反面、学べるものは意外と多いのではないだろうか。

《これまでに配信した『警視庁いきもの係』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒『警視庁いきもの係』橋本環奈&渡部篤郎の凸凹コンビの誕生裏話

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
?調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20〜60代のペットを飼っている男女344名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)