セクシー女優・三上悠亜がファンや男優に鬼ギレ バカリズムも同情の理由とは

セクシー女優・三上悠亜がファンや男優に鬼ギレ バカリズムも同情の理由とは

セクシー女優・三上悠亜がファンや男優に鬼ギレ バカリズムも同情の理由とは

(画像はAbemaTVのスクリーンショット)

元・SKE48メンバーで現在はセクシー女優の三上悠亜(23)が28日放送の『必殺!バカリズム地獄』に出演。

ファンとのイベントや、撮影で鬼ギレしたエピソードを明かした。

■イベントでファンに鬼ギレ

以前、イベントで無料のツーショット写メ会を開催した三上。無料のイベントというのもあり、普段のファンと違って未成年男子や若い男性が数多く参加してきたよう。

そして撮影の際、自身の腕に三上の胸をくっつけさせようとしてきたとのこと。「黙ってれば、こっちが寄り添うのに…」と思う三上だったが、そのファンたちはやたらと腕を絡ませてくるといい、引いてしまったという。

■撮影中に「男優のオナラ」でキレた

また、ビデオの撮影中でも鬼ギレエピソードが。

行為中、男優がものすごい音のオナラをしてきたという。「これ、絶対カットがかかるだろう。DVDに使えないだろう」と思ってキョロキョロしていた三上だったが、全くカットがかからなかったそう。

加えて、三上は男優の股間付近にいたため、オナラのニオイが充満しキツかったという。なんとか息を止めてその場をしのいだそうだが、男優からはオナラについて知らないふりをされて、一言も謝罪はなかったよう。

「人としてオナラしたら謝りません? 結構クサかったし」と怒りを感じる三上に、MCのバカリズム(41)「謝りますよね。仕事中ですからね、勤務中ですから」と笑いを誘いながら同情した。

■3人に2人がオナラしても知らんぷり

三上も知らんぷりされたというオナラだが、しらべぇ既報によれば64.0%が「人前のオナラで知らんぷりしたことがある」と回答している。

また、全国20〜60代の男女1,500名に「オナラをしたときの対処法」について調査したところ、15.6%の人が「他の人を疑う発言をしたことがある」と回答。

©sirabee.com

少数ではあるものの、人に濡れ衣を着せたことがある人もいるようだ。

もしもセクシー女優と写メを撮る機会があれば、無理矢理に腕を胸に当てず、謙虚な姿勢でいるべきのよう。また、オナラについては、作品でどうなっているか確認してみるといいかもしれない。

・合わせて読みたい→バカリズムが鬼ギレ! 電車やエレベーターのマナ悪行為に「蹴っていいと思う」

(文/しらべぇ編集部・らむたそ)?

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年11月14日(金)〜11月16日(火)
対象:全国20代〜60代の女性750名

関連記事(外部サイト)