「納豆を食べられない人」は人生損してる? 調査したら意外な事実が…

「納豆を食べられない人」は人生損してる? 調査したら意外な事実が…

「納豆を食べられない人」は人生損してる? 調査したら意外な事実が…

(gontabunta/iStock/Thinkstock)

納豆といえば、忙しい朝でも手軽に食べられて栄養価も高い、日本の国民食だ。納豆好きの中には「納豆だけあれば他は何もいらない」という声まで。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「納豆が食べられない人」について調査したところ、30.4%が「人生を損していると思う」と回答した。

■男性のほうがやや支持率が高い

©sirabee.com

性別では男性のほうが5ポイントほどではあるが、女性よりも納豆が好きなよう。ひとり暮らしの社会人経験から、手軽に食べられる納豆を重宝しているということだろうか。

また、年代で見ると、高齢層が納豆を支持している結果に。もっとも支持していないのは男女ともに30代であった。

■「関西は納豆を食べない」はホント?

©sirabee.com

地域別に見たところ、もっとも納豆が大好きなのは東北の35.7%で、首都圏も34.4%と3人に1人が支持しているよう。

一方、近畿や四国などの関西エリアは低い割合であり、あまり納豆に重きをおいていないようだ。「関西人は納豆を食べない」という食文化の噂があるが、その影響も多少あるのだろうか。

■納豆は最強の食品?

しらべぇ取材班は「納豆を食べらないと人生を損している」と語る人たち話を聞いた。

「納豆が食べられないなんて人生を損してますよ。だって3パックで100円で安いし、『納豆さえあればおかずはいらない』と思えるくらい満足感もあるじゃないですか。

生卵、ネギ、キムチ、でアレンジの幅は広いし、チャーハンにしてもパンに塗ってもおいしい。まさに最強の食品と言っても過言ではないですね」(20代・女性)

また、こんな意見も…

「私自身は納豆が食べられないんですけど、『食べられたらいいなあ』と思うことが多々あります。納豆好きの人たちのドヤ感にイラッとするときもありますけど、朝も楽だし何食べようか迷ったときに便利そうだしでうらやましいです」(50代・女性)

■会社員は納豆を重宝している

©sirabee.com

また、職業別に比較したところ、「会社員」のおよそ4割が納豆に対して絶大な信頼をおいているよう。やはり忙しい朝に重宝しているようだ。

一方、「パート・アルバイト」「無職・家事手伝い」は会社員に比べて7〜10ポイントほど低い結果となった。

国民食であり食べる機会も多い納豆。納豆が好きという人はそれだけで人生幸せなのかも。

・合わせて読みたい→俺はムリ! 他人が「納豆に入れていて」ドン引きしたモノ3選

(文/しらべぇ編集部・らむたそ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
?調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20〜60代の男女1342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)