カツアゲされた経験を調査 40代男性の被害がヤバい理由とは?

カツアゲされた経験を調査 40代男性の被害がヤバい理由とは?

カツアゲされた経験を調査 40代男性の被害がヤバい理由とは?

(settaphan/iStock/Thinkstock)

正当な理由なしに、他人にお金を渡したい人はいないだろう。しかし、パワーバランスや人間関係によっては、それを強制されてしまうことも。

とくに中学高校時代には、「カツアゲ」というものが起きやすい。この行為について、しらべぇ編集部では調査を行なった。

■全体では1割にとどまる

©sirabee.com

しらべぇ編集部g全国の20〜60代の男女1342名に調査を行なったところ、「カツアゲされたことがある」と答えた人は1割程度という少なさに。

男女では大きな差が見られ、男性は18%が経験ありだった。

■40代男性は4人に1人も

©sirabee.com

では次に、男性を年代ごとに見ていこう。すると、40代男性は4人に1人がカツアゲされた経験があった。

彼らが青春時代を過ごした80年代と言えば、不良全盛期。不良マンガが流行り、変形学生服を着たシャバいやつらが校内を闊歩していたところも多かっただろうが、その結果、カツアゲ被害経験者も多いよう。

■高年収ほどカツアゲされた経験が多い

©sirabee.com

しかし、カツアゲの経験はなにも悪いことばかりではないらしい。年収別でみたとき、高年収の人ほど過去にカツアゲされていることがわかったのだ。

一時的にお金がなくなるのはたしかだが、悔しい気持ちが勉学やスポーツに己を追い込み、結果的に収入の良い仕事に就くことができるようになるのだろうか。

・合わせて読みたい⇒大人になった今も「ヤンキーに恨み」 該当者の多さにびっくり

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)?

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
?調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20〜60代の男女1342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)