話題沸騰『下北沢ダイハード』 着想は歓楽街「すすきの」にあった

話題沸騰『下北沢ダイハード』 着想は歓楽街「すすきの」にあった

話題沸騰『下北沢ダイハード』 着想は歓楽街「すすきの」にあった

(C)テレビ東京

演劇の聖地、下北沢を舞台に気鋭の脚本家11名が独自の「最悪な一日」を描くというコンセプトのドラマ『下北沢ダイハード』(テレビ東京)。

「さすがテレ東、攻めてるぜ……」と思わずため息が漏れてしまいそうな本作は、放送開始とともにツイッター上で話題に。

この記事では、関係者へのインタビューと、先週放送された第二話レビューを通じて、作品の魅力をさらに深掘りしたい。

■観てない人でもどんな作品かわかる第二話おさらい

(C)テレビ東京

まずは第二話のレビューから。下北沢の本多劇場で主演舞台の興行中の俳優・光石研(本人役)は、共演者である池田鉄洋(本人役)から「王将の近くに、風俗店ばかりが入ったビルがある」ことを教えてもらう。

後日、打ち合わせがはやくに終わって夜の公演まで時間ができた光石は、数十年ぶりに風俗店(ピンサロ・5,000円〜)へ。そこで、想像以上にかわいい風俗嬢のユイ(川栄李奈)にあたり、誘われるがまま奥へと連れて行かれる。

(C)テレビ東京

緊張と期待に胸をふくらませる光石。しかし、ユイと会話中、店の音楽が急にストップ。そして、店内に警察のガサ入れが入ることが判明。このとき、光石ははじめてここが違法営業の店だと気付くも、警察からの命令で外に出られなくなる。

逮捕を恐れる光石に対し、慣れた様子のユイ。彼女いわく、逮捕されるのは店長と従業員だけであり、前にガサ入れに入られたときは客は夜には帰ることができたそう……だが、それでは夜の公演には間に合わない。

■ロバート秋山と演技で脱出をはかるも…

(C)テレビ東京

こうして、俳優人生をかけた光石の脱出劇が開始。「光ってるっぽい名前の人」などと、ユイや他の従業員に芸能人であるとバレかけながらも、裏口から出ようとしたり、天井をあけて出ようとしたり、色々と試みる。

そんなとき、同じく偶然現場に居合わせたロバート・秋山(本人役)に遭遇。その後、色々あって「演技」を使って脱出を目論む。突然痙攣し、その場に倒れる秋山に光石はなんとか合わせ、「兄貴役」を熱演。

しかし、外に出られたのは倒れた秋山であり、演技に熱中しすぎた光石はその場に残ってしまう。結果、公演には間に合わなかった……。

―――――

とにかく「バカバカしい」の一言に尽きた今回。しかし、名脇役・光石の慌てふためく様は爆笑必死であり、川栄の風俗嬢役も驚くほどナチュラル。そして、秋山の役どころもおいしく、「本当にこういう経験ありそう」と思えてしまう説得力だ。

出演者の魅力が最大限に発揮された内容になったと言えよう。

■着想は「すすきの」から?

第一話、第二話と非常にぶっ飛んだ内容となっている本ドラマ。「企画の勝利」と言っても良さそうだが、一体どんな風にして思いついたのか。しらべぇドラマ班は、テレビ東京・濱谷晃一プロデューサーに話を聞いた。

――アイデアを思いつかれた経緯を教えてください

濱谷氏「個人的に温めいていた『すすきのダイハード』という企画が元になっています。北海道の歓楽街・すすきのを舞台に、風俗ビルで火災にあったサラリーマンが愛する家族のもとに帰るため、中に居合わせた客や店員の風俗嬢と協力して命がけの脱出をするというストーリーです。

本人たちにとっては絶望的な状況なので、命がけの奮闘をするわけですが、はたから見れば『昼間っから風俗に行ってるサラリーマン』でしかない。そういう『寄りで見ると悲劇なのに、引きで見ると喜劇』という作品を作りたかったんです」

――風俗ビル版『タワーリング・インフェルノ』ですね……。そこからどんな経緯で舞台が下北沢に?

濱谷氏「3年前に思いついて以降、プロットやキャッチコピーを書いていたんですが、しばらくして『これ、テレビ向きじゃないな』と気づいたんです(笑) 

ただ、諦めるのは悔しかったので、『ワンシチュエーションパニック』というテーマを設定することを思いつきました。そして、ワンシチュエーションの会話劇を描くのは劇作家の人たちが一番うまい。結果、舞台がすすきのから小劇場の聖地である下北沢に移りました」

■すすきのへの未練、そしてあの「坂」への恋情も?

――作中には「シモキタだからこそ」なネタも登場しますが、視聴者として感じたのは「この企画なら他の街でもやれそうだな」ということ。ずばり、続編などは考えられていますか?

濱谷氏「一番やりたいのは『すすきのダイハード』ですね(笑) あ、あと、これは街というか坂ですが、『乃木坂ダイハード』(笑) DVDも売れそうじゃないですか?……あくまで妄想ですが(笑)」

――それはスゴい……! でも、でも、彼女たちは『プリンシパル』など舞台も多く経験していますし、今回の監督のひとりである関和亮さん(代表作:星野源『恋』など多数)は乃木坂46のPVや個人PVを撮影されてますし、親和性は意外と高いように感じます。

濱谷氏「本当ですか!? まあ、あくまで妄想としてお受け取りください(笑)」

■関東地方は今夜に第三話放送

(C)テレビ東京

なお、今夜放送の第三話は「夫が女装する女」。公式サイトのあらすじを見ると……

杉田由紀子(麻生久美子)は悩んでいた。下北沢の道を歩いているとやや後ろをついてくる女装した男。この男こそ、由紀子の夫・杉田勲(野間口徹)。真面目な性格だが、女装癖があり、外出する時は必ず距離を置いて歩くようにしていた。

何度注意しても一向にやめる気配がない。せめて息子・恵太(内川蓮生)が中学受験を終えるまではと説得し、一度は止めたものの、受験が終わるのと同時に女装を再開。知り合いにバレたらどうしようか、とヒヤヒヤしながら過ごす日々が続いていた。

この日はママ友の理沙(西田尚美)、あゆみ(植木夏十)とばったり出会い、お茶をすることに。勲には先に帰ってもらった…はずだった。

カフェで楽しく話していると、なんと女装姿の勲が窓の外に…! しかも、店の中に入ってきた! 由紀子はママ友に気づかれないように、こっそり勲へ「去れ」と連絡を入れるが、勲はなかなか帰ろうとせず…。

これまた非常に刺激的そうなあらすじ。一体どんな内容になっているのだろうか。

《作品情報》
ドラマ24『下北沢ダイハード』(テレビ東京系)
毎週金曜深夜0時12分(テレビ大阪は翌週月曜深夜0時12分)

・合わせて読みたい⇒『下北沢ダイハード』川栄李奈の参加の裏に「光石研のプッシュ」が?

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤  参照:『下北沢ダイハード』公式サイト)

関連記事(外部サイト)