月9『コード・ブルー』 有岡大貴演じる名取の「闇の深さ」が話題に

月9『コード・ブルー』 有岡大貴演じる名取の「闇の深さ」が話題に

月9『コード・ブルー』 有岡大貴演じる名取の「闇の深さ」が話題に

©sirabee.com

山下智久主演ドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(フジテレビ系)の第三話が31日に放送された。

この日の放送で、毒物汚染によって妊娠中の冴島はるか(比嘉愛未)が意識不明になってしまったこと、どんくさフェロー灰谷俊平(成田凌)を白石恵(新垣結衣)が優しい言葉で励ましたのは先程配信した記事で詳しく説明したとおり。

その一方で、有岡大貴演じる名取颯馬(有岡大貴)の言動にも注目が集まっている。

■藍沢、緋山の一方でクールすぎる名取

この日、描かれたテーマのひとつ「命より大切なものを失った患者に対して、医師はどう接するべきか」。

天才的なピアノの才能を持ちながらも脳腫瘍を抱える少女と接する藍沢耕作(山下)や、ミシュランシェフにも関わらず頚椎損傷を起こしてしまった男性への告知に悩む緋山美帆子(戸田恵梨香)の一方で、名取のクールさは際立っていた。

アルツハイマー病の新薬開発競争に負け、服毒自殺をはかった医師の男性が、病院の敷地内で再び投身自殺をはかったことがわかると、「マジか〜」とつぶやき、呆れたような顔を見せる。

■医師としてのモチベーションはかなり低め?

その後、フェロー仲間の横峯あかり(新木優子)、灰谷と雑談している際には

「つーか、そんなに死にたきゃひとりで死ねよ。そこまで大事か、研究とか」

「俺、本気で医者になりたいって思ったことないから」

と、医師としてのモチベーションの低さを感じさせる言葉を連発。横峯は華麗にスルーしたものの、かなり重要な言葉だろう。

■名取の闇の深さに驚く人も

これまでの放送でも、名家の出身であることがほんのり説明されてきた名取。しかし、今回の言動はさすがに「闇が深い」と受け止めてしまう人も多かったようだ。

ツイッター上では以下のような声が確認できる。

・ちょいちょい名取先生の闇が垣間見える。スマホいじってる姿がザ・ゆとり #コードブルー

・名取先生〜医者になりたいとか思ったことないとかだめだよ〜 絶対お父さんとの闇あるなこれは

・先週も思ったけれど、名取先生の闇抱えてる感好きです

・名取先生いいなぁ。闇ちょっと出したのに横峯ちゃんに華麗にスルーされるところが素敵

■共感してしまう人も……

その一方で、彼の言葉に思わず共感してしまう人もチラホラ。

・俺本気で医者になりたいと思ったことないから この昨日のコードブルーの名取先生のセリフすごく共感した自分がいた

・名取先生の「本気で医者になりたいって思ったことないから」って発言に激しく同意した。私も本気で看護師なりたいとか思ったことないな。奇遇だね。名取先生。同じだよ

「生まれたときから勉強ができて、親戚中が医者だったから自分も医者になる」というのは、たしかに進学校ではそれほど珍しい話でもない。

だが、そんな彼に対する横峯の冷めた反応もまたリアルだったようで、以下のような声も。

昨日コードブルー見てたらモブ研修医のひとり(家庭環境めぐまれてるタイプ)が、
「ぼくなんて未だになぜ自分が医者になるのかよくわかんないんですよ」
みたいなことを言ったとき全員にスルーされて、「ぜいたく言ってんじゃねぇよ圧力」がすごいリアルで、あっこれ医療現場だ!ってなった

— ヤンデルさん (@Dr_yandel) July 31, 2017

■今の仕事に満足している?

©sirabee.com

ちなみに、しらべぇ編集部の調査では全体の36.4%が「今の仕事に満足している」と回答。男女別で見ると男性は34.5%、女性は40.3%で女性のほうが、現在の仕事を前向きにとらえている人が多い結果に。

なりたいと願っても簡単にはなれない医師という仕事に、目的意識を見いだせていない名取。来週は彼がフィーチャーされるようなので、その変化を見守ることにしよう。

《これまでに配信した『コード・ブルー』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒月9『コード・ブルー』フェローが無能でガッキーを心配する人続出

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤 イラスト/ミキシマ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年1月20日〜2017年1月22日
対象:全国20〜60代の有職者男女690名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)