乃木坂46・中元日芽香が芸能界引退を表明 ファンは卒業ライブ熱望

乃木坂46・中元日芽香が芸能界引退を表明 ファンは卒業ライブ熱望

乃木坂46・中元日芽香が芸能界引退を表明 ファンは卒業ライブ熱望

(画像は乃木坂46(@nogizaka46)さん | Twitterのスクリーンショット)

8月6日、中元日芽香(21)が乃木坂46から卒業することがオフィシャルサイトで発表された。

7日には本人のブログが更新され、卒業の主な理由は体調面の不安であることや、今後の予定として、芸能界から引退し、しばらくゆっくり静養することが記されている。

6日には、でんぱ組.incの最上もがが脱退を表明。アイドルファンにとって激震の日となった。

■愛称は「ひめたん」

中元日芽香は広島県出身で、乃木坂46の1期生メンバーとして2011年から活動。愛称は、ひめたん。パンチの効いた歌声の持ち主で、妹はBABYMETALのSU-METALこと中元すず香(19)である。

2017年1月28日、体調不良のため、乃木坂46のグループ活動と個人活動を休止。 3月から仕事に復帰したが、体調に不安は残っていたようだ。

今後の活動予定としては、9日に発売される最新曲『逃げ水』の次のシングルには不参加。今月から開催中の全国ツアーも参加しない。

ただし、10月のアンダーライブ全国ツアー2017〜九州シリーズ〜には参加を予定している。

■ラジオ番組で卒業を発表

中元がアシスタントを務めるラジオ番組『らじらー!SUNDAY』(NHKラジオ第1)8月6日放送回でも卒業を発表。

メインMCを務めるオリエンタルラジオのふたりは先週知ったと話し、藤森慎吾(34)は「これからも応援していく」と伝えた。

また、中田敦彦(34)は「発表前から気付いていた。引きとめようと思ったが顔を見て、見送ることを決めた」ことを明かしている。

なお、藤森はツイッターでも「最後まで楽しもう! 君の味方だよ! らじらー! での報告ありがとう!」と投稿した。

ひめたん、最後まで楽しもう!君の味方だよ!らじらー!での報告ありがとう!
そして、生田様ありがとうございました。しびれる川柳さすがでした! pic.twitter.com/dXP7BnEaES

— 藤森慎吾(オリラジ) (@chara317megane) August 6, 2017

■元乃木坂メンバーも反応

元乃木坂46の永島聖羅(23)も中元の卒業に反応。ツイートにはファンたちから「卒業しても応援する」といった声など、温かなリプライが多く集まった。

ひめたん…

卒業発表したのね、お疲れ様?
最後まで楽しんで欲しいな〜〜

可愛い妹ちゃんには変わりないです

— 永島聖羅 (@seira_0519n) August 6, 2017

卒業しても、らりんみたいに乃木ヲタ全員で応援するよ

— IWASE @EARTH (@iwase_tomo) August 6, 2017

■ファンたちの想いは「最後まで応援したい」

しらべぇ編集部では中元の卒業をうけた、乃木坂46ファンたちの反応をまとめた。

「フル出演じゃなくてもいいから卒業ライブをしてほしい。ちゃんとお見送りしたい」や「握手会やライブだけが応援じゃない。TVやラジオを聞くことも応援」と、最後の最後まで見送る想いが乗せられた声が多かった。

フルは難しいかも知れないからスポットでも良いので、ひめたんにも東京ドームのステージに立って欲しいな。。
苦楽を共にしてきたメンバーなんだから、そんな特別待遇も良いよね。
東京ドームをピンク一色の君僕でひめたんを送り出したい。

— ちーずまる (@neconame) August 6, 2017

また、中元の卒業に対して、感謝するファンの姿もあった。アイドルの応援は推しアイドルを通じて、ファンの間で友情が芽生えることは珍しくない。中元がいなければ生まれなかった絆もあるのだろう。

感謝しきれないよ。
ひめたんには今までたくさん元気を貰ってきたし、ひめたんを通してたくさんの人たちに出逢う事もできた。
ひめたんというアイドルを応援する事ができたことを誇りに思います。
ありがとうひめたん。
お疲れ様でした。

卒業までまだ少しあるけど宜しくね。#nhkらじらー

— 長靴を履いたロボット (@nagagutsu46) August 6, 2017

中元のお決まりポーズである「ひめたんビーム」は、他のメンバーに振られたり、マネされたりすることでも有名。

「◯◯ビーム」として乃木坂に残っていくことを、乃木坂46に中元が存在した証だとツイートするファンの姿も。

ひめたんが卒業しても○○ビームの存在ががひめたんが乃木坂46にいたっていう証になるだろう

— 理系豊臣秀吉 (@hidenogi46) August 6, 2017

アイドルグループの卒業はいつか来るものだが、いざ訪れたときの喪失感は大きい。しかも、中元に関しては、芸能界からの引退が伝えられたこともあり、二度と顔を見られない可能性も高い。

だからこそ、ファンたちは最後まで悔いのないように最後まで力の限り応援するだろう。

・あわせて読みたい→元乃木坂46・伊藤寧々が1stイメージDVD発売へ 水着ショットもファンは複雑?

(取材・文/しらべぇ編集部・モトタキ)