乳ガン闘病のだいたひかるの近況が話題 「ポジティブな夫に支えられた」

乳ガン闘病のだいたひかるの近況が話題 「ポジティブな夫に支えられた」

乳ガン闘病のだいたひかるの近況が話題 「ポジティブな夫に支えられた」

(画像はYahoo!ブログのスクリーンショット)

「どうでもいいですよ〜」や「私だけでしょうか〜」などフレーズの後に毒を吐く、毒舌ネタで人気を集めた、お笑いタレント・だいたひかる。

現在乳ガン闘病中の彼女が、ガンとの闘いと新たな目標をフジテレビ系情報番組『ノンストップ!』のインタビューで語った。

■夫がスーパーポジティブ

入院中、支えになったのはポジティブな夫だと語った。

「夫がスーパーポジティブな人で、私がボクサーで夫がセコンドみたいな感じだった。初めて、抗がん剤治療をやったときもベットのわきで『ひかるちゃん、もっと辛かったことあっただろ』と言って一緒に立ち向かってくれたのはありがたかった。

小さなことから大きな決断まで全部担ってくれて家族になったと感じた。まだ、新婚3年目でガンが発覚して申し訳ないと思ったけど、絆が深まったと思う」

入院生活を夫婦で乗り越え、絆が深まったそうだ。

■新たに挑戦したいこと

今後、夫婦で挑戦したいことは…

「子供が欲しくて不妊治療をしていたけど、乳ガンが発覚して中止した。私もいい年齢になるのですが、夫は新記録を目指そうと言ってくれる。『世の中でガンから復帰して妊娠した人の最高齢を目指せばいいじゃないか』と言っている。

受精卵を凍結しているので体のコンディションを整えて体に戻したい。残り一個しか無いので最後の一回の挑戦。妊娠しなかったとしても、受精卵が体に戻ってきたらそれだけで幸せだと思う。最後の一個を戻せる日を夢見てる」

と不妊治療を再開したいと語った。

■ネットの反応は…

ネットでは「旦那さん素敵」「旦那さんが頼もしい」と旦那を称賛する声や「なんだか泣ける」と感動を示すツイートが多くなっている。

だいたひかるさんの旦那さん、
素敵過ぎる。
お二人の願いが叶いますように。

— 大槻モヨ子 (@lolita884) August 2, 2017

だいたひかるの旦那さん頼もしいな。素敵だな。

— ヒラヒロ (@hrhr0208) August 2, 2017

だいたひかる(42歳)凍結卵が一つ残ってるんだね…。乳がん治療が終わったら最後の一つを移植したいって…。移植できる体になるだけで幸せだって…。なんだか泣ける…。#ノンストップ

— さくら☆8w (@5w67724968) August 2, 2017

■付き合うならポジティブな男性

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,332名に「ネガティブとポジティブ、付き合うならどちらか」についてを調査したところ、全体の7割が「ポジティブ」と回答。

©sirabee.com

女性はどの世代もポジティブを選択する結果に。明るい男性とくに好かれるようだ。

ポジティブな人は落ち込んでいるときでも励みになるようなことを言ってくれる。だいたの夫もその1人、今後もそんなスーパーポジティブなパートナーと共にがんばってもらいたい。

・合わせて読みたい→明るすぎる性格の満島真之介 ポジティブ習慣に「見習いたい」の声が続出

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年3月24日〜2017年3月26日
対象:全国20代〜60代の男女1,332名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)