帰省シーズンのケンカの元?車の運転に口出ししてしまうのはこんな人

帰省シーズンのケンカの元?車の運転に口出ししてしまうのはこんな人

帰省シーズンのケンカの元?車の運転に口出ししてしまうのはこんな人

(Tetsu/amanaimagesRF/Thinkstock)

夏のレジャーや帰省に、車での移動も多くなる時期。家族やパートナーの運転が気になることもあるだろう。

右折のタイミングの悪さや、ブレーキの踏み方など、気になりすぎてストレスになるのはよくないが、我慢できなくなり口を出して、険悪な雰囲気になるケースも考えられる。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,343名を対象に、車の運転に口出しをすることがあるか、調査を実施した。

■車の運転に口出しする

運転手に口出ししてしまうことがあると回答したのは、全体の18.0%だった。

©sirabee.com

男女別では、男性が女性よりも多く、各年代で2割を超えている。50代男性の割合が一番高く26.9%。一方、40代女性は9.8%と1割以下だった。

©sirabee.com

年収別の調査では、300万未満が15.2%に対し、500万以上では25%を超え、1,000万以上は31.0%が運転に口を差し挟むことがあると答えている。

全体的に、高所得者ほど、人の運転に口出しをしてしまう傾向があるようだ。

■同乗者のマナーと心構え

もちろん、運転手と喧嘩するつもりではなく、危ないと思って口出しをしている場合もあるかもしれないが、せっかくの楽しいドライブも、同乗者によっては台無しになることも。

マナーとして、助手席は正しい道をナビすることに徹し、ちょっとしたミスや渋滞もイライラした表情を見せないように、心を広く保ちたいものである。

気になっても文句を言うのではなく、「疲れてない?」など、優しさを感じさせる言葉に変えて、運転手に不快な思いをさせることのないよう、十分気をつけた楽しいドライブを。

・合わせて読みたい→20〜40代女子に聞いた「ドライブデートでダメな行為」70連発

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,343名(有効回答数)