佐藤江梨子のミニスカキック 『セシル』美熟女乱闘がエロ怖い

佐藤江梨子のミニスカキック 『セシル』美熟女乱闘がエロ怖い

佐藤江梨子のミニスカキック 『セシル』美熟女乱闘がエロ怖い

(写真は公式インスタグラムのスクリーンショット)

8月3日(木)、連続ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の第四話が放送された。真木よう子(34)演じる体育会系主婦・みやじが、雑誌の読者モデルとして成長してゆくストーリーの本作。

セクシー美熟女の乱闘あり、枕営業あり、「インスタグラムのフォロワーを買う」取引あり…。ますますドロドロしてきた第四話の内容を、世間の反応と共にチェックしてみた。

■枕営業が露見し美女キャットファイト

今回いちばんの見どころは、真木よう子、佐藤江梨子(35)、伊藤歩(37)というセクシーな30代美女のキャットファイト。読者モデルから専属モデルになりたい葵役のサトエリは、副編集長と不倫し、俗に言う「枕営業」状態。

それが露見して逆上した葵は、伊藤歩演じるライター江里に掴みかかる。江里をかばって参戦したみやじは、葵に投げ飛ばされ氷まみれに。

■性悪女をやらせたらピカイチのサトエリ

超ミニスカで椅子をキックする美脚サトエリ、氷で濡れた髪でタンクトップが透ける巨乳真木よう子。妙にエロい大乱闘だが、往年のグラビアアイドル、サトエリのご乱心っぷりがリアルに怖い。

セシルのもくろみ、なかなか面白くならないなぁと思いながらもだらだら見続けちゃってるけど、今日のサトエリのキャットファイトはよかった。むしろこのオチがなきゃ なんでサトエリがキャスティングされたか謎だったもんね。

— ボンゴレ (@vongole_biancoo) August 3, 2017

■インスタフォロワー10万人20万円?

藤澤恵麻(34)演じる読者モデルの萌子も、インスタグラムのフォロワー購入を葵に暴露される。「10万人20万でしたよ」と開き直る萌子は、山の手奥さん風標準語から、荒めの関西弁に激変。しかし、サトエリの「怖さ」と比べるとまだお嬢様風で、そこがまた陰湿度高め。

Twitter上では、葵に「いいね、も、コメントも少ない」と言われた萌子のインスタフォロワーの、微妙な値段設定を気にする意見も…。

フォロワー10万人、20万円かぁ……やす。承認欲求を満たすためのお買い物にしちゃあ、安いなぁ。実際、買ってるってチラチラ聞くけど、そういうの本当に買ってるんだろうか。#セシルのもくろみ

— まりのすけ (@marinosuke_1984) August 3, 2017

単純計算で、1万人2万円…、と考えると気軽な購入もありそうだ。中には、「その値段ならコメントといいねもつけろ」というリアルな意見もありようだ。

フォロワー10万人をお金で買ったならいいね&コメントを残すくらいの仕事は果たしてほしい。10万人をお金で買っていいね1桁とかウケるwww#セシルのもくろみ

— よっしぃー (@hair_8812) August 3, 2017

■大森南朋「略奪」報道された女優

編集部員役小池役の小野ゆり子(28)も独特の存在感を発揮している。チャキチャキした軽いノリで、板谷由夏(42)演じる編集デスク黒澤にも気軽に絡む。

セシルのもくろみ。小野ゆり子の軽さと他人事にちょっと救われる。藤澤恵麻、フォロワー10万人で20万円!そんな商売があるのか!金を使うかオンナを使うか。サトエリこれで終わっちゃうの?もっと出てほしい。しかし、ノブアキ代打で出ると思ったわ。ほかに男いないし。急にスイッチ入る不自然さ…

— 吉田潮 (@yoshidaushio) August 4, 2017

若いのに妙におばちゃんっぽい「小池」は、かつて俳優・大森南朋(45)を蒼井優(31)から略奪したと報道された「18歳年下妻」とはイメージが異なる。

当時の印象は、元カノの「蒼井優とそっくり」と言われたロリータ系和風美女だったが、このドラマではあまり似て見えない。

■細部に味わい深さがあるドラマ

サトエリの美脚キック、真木の安定の巨乳、理想のオネエ友達を具現化したような徳井義実。細部に迫力があり、一度見始めるとつい見続けてしまう味わい深いドラマだ。

・合わせて読みたい⇒ガリガリなのに巨乳が揺れる…『セシルのもくろみ』真木よう子の違和感

(文/しらべぇ編集部・星子)

関連記事(外部サイト)