『世界陸上』MCを務める織田裕二 視聴者はどう思っている?

『世界陸上』MCを務める織田裕二 視聴者はどう思っている?

『世界陸上』MCを務める織田裕二 視聴者はどう思っている?

(画像はTwitterのスクリーンショット)

4日からスタートした『世界陸上ロンドン』。引退を表明しているウサイン・ボルトは、100メートル走で35歳のジャスティン・ガトリンに破れ、3位に。その結果に、落ち込んだ人も多かったようだ。

日本でもっとも落ち込んでいた人物といえば、やはり『世界陸上』(TBS系列)中継MCの織田裕二だろう。大会前に単独取材に成功し、ボルトの世界新記録更新を予言していただけに、結果にショックを受けていた。

その様子は、ネット民から「明らかにテンションが下がっている」とツッコミが入るほどだった。

ガトリンが勝ったので、心なしか織田さんのテンションが低い…#世界陸上2017

— チルッコ @一時休戦 (@cm_0526) August 5, 2017

■全体的にテンションが低め?

TBSの『世界陸上』中継は1997年から放送されているが、MCの織田裕二は中井美穂とともに、そのすべてに出演。ドラマでは見せないハイテンションな陸上解説で、番組視聴率アップや大会の認知度向上に貢献した。

ところが近年は放送開始当初のようなテンションは鳴りを潜め、落ち着いた雰囲気に変貌。今大会もかつてのような姿は見られず、視聴者からは心配の声が。

クスリやってるみたいにテンション高かった頃の織田裕二が懐かしいね…

— 下賤の者 (@yy1761) August 5, 2017

それにしても、もうちょいハイテンションな織田さんをみたいやろ( ̄□ ̄)

— MS/CS (@sltlike) August 5, 2017

今年も世陸は織田裕二だから安心してみれる。テンションが年々低くなってるのが気になるけど。

— ぴるてぃ(旧:ふじたか) (@piruty_) August 5, 2017

織田裕二のハイテンションが見られなくなった理由は、「日本陸連が苦言を呈した」と一部週刊誌が報じたが、噂レベルで真偽の程は不明。

放送当初20代だった織田も現在は40代後半を迎えており、単純に大人になっただけとの声もある。いずれにしてもローテンションな彼に、物足りなさを感じる人もいることは事実のようだ。

■織田裕二のMC、どう思う?

賛否両論ある織田裕二の『世界陸上』MCだが、視聴者はどのように感じているのだろうか?

しらべぇ編集部では全国の20代〜60代の『世界陸上』中継を見たことのある人835名に、織田裕二のMCについて、調査を実施。

©sirabee.com

結果、「やっぱり織田裕二」と答えた人は4割。6割は彼のMCについて、否定あるいは「もうそろそろ退いてもいいのではないか」と考えているのかも。

■MC織田裕二に否定的なのは?

織田裕二のMCについて否定的な意見を持っているのは、どのような人なのだろうか。

©sirabee.com

20代、30代は支持者が5割を越えているが、40代以降は不支持が支持を上回るのだ。どうやら若者は好意的、中高年は否定的のようだ。

40代から50代にかけては、織田裕二が「トレンディ俳優」として活躍した時代をリアルタイムで視聴してきた世代。MCに否定的というよりは「俳優として頑張って欲しい」気持ちが強いのかもしれない。

年齢的にそろそろ『世界陸上』からの勇退もささやかれる織田裕二だが、若者を中心に楽しみにしている人は数多く存在している。

本人もライフワークと公言しているだけに、できるかぎり長くMCを務めてもらいたいものだ。

・合わせて読みたい→『世界陸上ロンドン』のキャスターは11大会連続で織田裕二! ファンから喜びの声

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20代〜60代の『世界陸上』を見たことがある人835名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)