実写版『ジョジョの奇妙な冒険』 映画に出なそうな原作キャラを大予想

実写版『ジョジョの奇妙な冒険』 映画に出なそうな原作キャラを大予想

実写版『ジョジョの奇妙な冒険』 映画に出なそうな原作キャラを大予想

©sirabee.com

※この記事は映画のネタバレを含んでいるので、まだ見ていない人はご注意ください。

8月11日から公開中の『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』。

人気マンガの実写化ということもあり、すでに多くのファンが映画館で観覧したようだが、きっと多くの人はこう思っただろう。

■な、なぜそこで…

「な、なぜそこでシアーハートアタックが出てくるんだ!?」と。

アンジェロ戦も虹村兄弟戦もまあまあ原作に沿ったストーリーになっていたのに、最後の最後で驚いてしまったはずだ。

なかなか内容は面白かったものの、きっと2章、3章もこういった改変が続くと思われる。

■実写に出なそうなキャラは…

そこで、ジョジョマニアである記者がマンガを再度読み、原作に登場するキャラクターで、映画に出てこなそうなキャラを確率でわけてみたぞ。

ジョジョファンはぜひ予想が合っていそうか、確認してほしい。三池監督がどんな改変をするのか、いまから楽しみである。

■出ない確率:大

・音石明

理由:原作と違い、虹村京兆が吉良吉影に殺されるため。

・DIO

理由:虹村父が変化した理由で語られなかったため また、矢が爆破されたので今後も出てこないと思われる。

・小林玉美

理由:エコーズAct.1が卵から孵化するきっかけになったが、映画だとすでに虹村兄弟戦で孵化してしまっているため。

・間田敏和

理由:話の都合上カットされそうなので。

・ネズミ

・宮本輝之輔

・噴上裕也

・大柳賢

・鋼田一豊大

・宮本輝之輔

・乙雅三

理由:すでに矢が爆破されているのでスタンド使いになれない。ただ、三池監督の超絶改変により、吉良の手先として誰かひとりぐらい出る可能性はある。

・支倉未起隆

理由:鋼田一が出なそうなのでそのとばっちりを受けそう。

■出ない確率:中

・トニオ・トラサルディ―

理由:話の都合上カットされそう。でも人気キャラなので間田よりも出る可能性は高い

・ジョセフ・ジョースター

理由:音石が出ないため。また、マッチョな老人を見つけるのが大変そう。

・静・ジョースター(透明な赤ちゃん)

理由:ジョセフが出ない確率が高いため。

・矢安宮 重清(重ちー)

理由:すでに吉良吉影が仗助たちに気づいているため、重ちーが爆破されるシーンが不要なので。京兆のかたき討ちのために吉良探しのストーリーになるか?

・吉良吉廣

理由:矢が爆破されているのでスタンド使いを増やすシーンがないと思われる。ただ、自宅シーンで吉良吉影を助けるだけのキャラとして出てくる可能性はあり。

・辻彩

・川尻ファミリー

・猫草

理由:映画の長さ的に吉良は整形せず、1回出会ってラストバトルになりそうなので。

・杉本鈴美&アーノルド

理由:ただ吉良吉影に殺された女子高生になりそう。あと犬の話が出てこなかった。

■出ない確率:低

・岸部露伴

理由:冒頭でピンクダークの少年を康一が飾っていたので出ると思われるが、三池監督まさかの采配で出ないという可能性もなくはない。

・エコーズAct.3

理由:なんとなく山岸由花子が吉良戦のAct.3の役目をしそうな気がするので。もしくはバイツァ・ダストすら出ない可能性もある。

・合わせて読みたい→『ジョジョ』空条承太郎役に伊勢谷友介 「吉良吉影では?」の声も

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)

関連記事(外部サイト)