『コード・ブルー』 馬場ふみか演じる雪村双葉の冷たさがスゴい

『コード・ブルー』 馬場ふみか演じる雪村双葉の冷たさがスゴい

『コード・ブルー』 馬場ふみか演じる雪村双葉の冷たさがスゴい

©sirabee.com

山下智久主演で放送中の大人気医療ドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(フジテレビ系)の第四話が7日に放送された。

初回以降、二桁代の視聴率をキープしている本作は、藍沢(山下)らの医師としての格好良さが描かれると同時に、彼らが後輩の育成に奮闘する、中間管理職的な描かれ方をしている。

■心臓病の少年が死亡 切なすぎる第四話

この日の放送では、複数の少年が命の危機に直面する様子が描かれた。ある日、救命に河川敷でバーベキュー中にケガをした家族救出のドクターヘリ要請が入る。

しかし、同じタイミングで三井環奈(りょう)から長男・優輔(歸山竜成)の容体が急変したという連絡が。父親である橘啓輔(椎名桔平)はヘリを藍沢に任せることに。

バーベキュー現場には、首に串が刺さっている少年の姿があった。藍沢に判断を問われた名取颯馬(有岡大貴)は、現場での処置は難しいと考え、病院に戻ることを選択。

その後、優輔はなんとか回復。串の刺さった少年の手術も新海広紀(安藤政信)の手を借りることで成功する。

だが、優輔の友人で同じく心臓移植を待つ暁人という少年が、心臓破裂で死亡してしまうことに。移植の順番が回ってくるのに1,000日程度待つと言われている心臓移植。暁人は、635日目だった。

■クール? もはや冷たい? 雪村双葉に注目

(画像はInstagramのスクリーンショット)

そんな第四話で、視聴者の注目を集めたひとりがフライトナースの雪村双葉(馬場ふみか)だ。毒物汚染の一件を受け、お腹の子供のことを考えてヘリを降りる決断を冴島はるか(比嘉愛未)がしたこともあり、気合は十分。

しかし、性格は少々クールすぎるようで、患者にあまり寄り添わない一面も。首に串が刺さっていた少年が花火を見たかったと言い出すと、冴島は病室内からでも見られるとベッドの移動を提案。そこを通りかかった雪村にも手伝うように依頼する。

他の仕事があると一旦は断ったものの、冴島に押し切られる雪村。その後、「あそこまでしてたら、時間がいくらあっても足りないと思うんですけど」などと冴島に対して不満を漏らす。

そんな彼女に対して冴島は、救急の現場で患者やその家族がパニックにならないのは難しいこと、そして「あなたの顔を見たら安心する、そんなナースにあなたにはなって欲しい」と伝えるのだった。

■冷たい看護師にネット民も困惑

高いプロ意識の一方で、患者に寄り添っているとは言い難い彼女の行動に、ネット民からは以下のような反応が。

雪村さんて、冷たい人だなー
これから 変われるかな#山下智久#コードブルー#コード・ブルー

— ミアsweetie (@tomo_fav) August 7, 2017

患者に寄り添えない看護師は総じて人の心がわからないからめっちゃ冷たい…
#コードブルー

— 茶ァ・カネヒラ綾乙? (@amaotooo) August 7, 2017

雪村さんって何かこう物凄く冷めた視線というか、ひたすら冷たいっていうかずっとそんな感じだよなー。#コードブルー

— 矢島 百夏 (@CHYA618) August 7, 2017

今の段階でやけど、雪村さん、腕はあるかもしれんけど、患者さんとか家族ににあんな冷たい表情はあかんよなぁ。
冴島さんは毎回声かけてるのになぁ。
#コード・ブルー

— るね (@Rune__1007) August 7, 2017

もっとも、キャラとしては魅力的なようで、「視線がたまらない」という声も。

コードブルーなう。馬場ふみかちゃんかわいすぎ。かわいい正義。冷たい視線の馬場ふみかちゃんたまらないね。かわいい。

— ひとみん (@hitominsroom) August 7, 2017

■看護師はそもそも怖い職業?

なお、しらべぇ編集部が過去に行なった調査では「入院経験がある」と答えた人は全体の42.9%。

この調査の過程で寄せられた意見では、男性が看護師に対して憧れや褒めると言った好意的な反応を見せる一方で、女性からは「怖い」「意外と性格がキツイ」など、批判的な意見が多く寄せられていた。

「ナース」と聞くと無条件で心ときめく男性もいるかもしれないが、彼女たちは命に関わる人々。プロとして生きていくためには優しいばかりではなく、芯の強さや負けん気の強さも必要だろう。

そういう意味では、雪村も今後もう少し丸くなれば、冴島のようにいいフライトナースになれるのかもしれない。

《これまでに配信した『コード・ブルー』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒月9『コード・ブルー』 有岡大貴演じる名取の「闇の深さ」が話題に

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤 イラスト/ミキシマ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年8月15日〜2014年8月19日
対象:全国20〜60代の男女1500名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)