『セシル』視聴率低迷の原因? 読モに悪いイメージを持つ割合は

『セシル』視聴率低迷の原因? 読モに悪いイメージを持つ割合は

『セシル』視聴率低迷の原因? 読モに悪いイメージを持つ割合は

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

真木よう子主演で放送中のドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)。彼女の胸ネタを中心に当サイトでも毎週レビューを行なっている本作は、第4話の平均視聴率が4.4%と低空飛行の状態だ。(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

しかし、ツイッターを検索してみると好意的な意見も多く、酷評ばかりが目立っているわけでもない。

撮り溜めしてたセシルのもくろみが面白い。

— わたる (@waaaaaataru) August 7, 2017

では、なぜここまで数字的に「無反応」な現実があるのだろうか。しらべぇドラマ班では調査をもとにその原因を探ってみた。

■「読者モデルに偏見」は2割未満に

©sirabee.com

しらべぇ編集部が全国の男女1342名に調査を行なったところ、「読者モデルに対して悪いイメージを持っている」と答えた人は全体の15.9%。男女別では、女性のほうがやや上回る結果になったが、それでも該当率は2割未満だった。

この数値を見る限り、読者モデルは反感を買いやすい職業というわけでは決してないことがわかる。

■どの年代でもあまり悪いイメージはない

©sirabee.com

年代別に見ると、20代男性がもっとも該当率が高い結果に。しかし、それでも2割強と、低水準なのは変わらずだ。

■偏見を持つ人は少ないが「興味」もない?

しらべぇ取材班は、複数人に「読者モデルについてどう思うか」を真面目に聞いてみた。あくまでドラマとは関係なく聞いたわけだが、その結果、低視聴率の一因かもしれない意見が得られることに。

なお、下記で紹介する意見は、十数人に聞いたうちから抜粋したもので、全体の総意ではない。

「悪いイメージはない。でも、良いイメージもない。てか、そもそも興味がない(笑) 

たしかに自分も大学生の頃はファッション雑誌を読んでたし、あの頃はオシャレな美容師さんに憧れてたりもしたけど、でも今は雑誌自体手に取らないですから。当時愛読してたファッション雑誌も廃刊になってるし、むしろ読者モデルって聞くと10年くらい前が全盛期だった印象ですね。

まあ、女性は別なのかもですけど。40代、50代になっても読モを自称している人はいるし。でも男は30代になるとキツいというか……だから関心がないのかな。まあ、別にプロのモデルでも興味ないんですけどね」(男性/20代)

「正直、興味ないですね(笑) 視界に入ってないというか……読モは私よりも年下の子が興味ある印象。10代とか、年とっても20代前半までくらいの。そのときは美容や服に興味のある人って多いと思うし、自分をよく見せようと思う年齢じゃないですか。

でも、就職すればだんだんそんなこと言ってる余裕もなくなってきますよね。承認欲求を満たそうと思っても、見てくれを褒められるだけじゃ満足できなくなってくるというか。

あと、正直言って読モって出版社のある東京の文化というか。地方に住んでる私みたいな人間にはまったく関係ない話ですよね」(女性/20代)

「う〜ん、イメージと聞かれると難しいけど……アラフォーで読者モデルをやってるなんて、家が金持ちなのかなとか? 旦那さんが稼いでるのかなとか?(笑) 

たしかに、いい暮らしをして、年取っても綺麗なのは格好いいことかもしれないけど、でも別にみんながそこに憧れるわけでもないと思う。少なくとも私にはどうでもいいことですね」(女性/30代)

取材の結果、「悪いイメージもないが良いイメージもない、というより興味がない」という声が複数寄せられることに。「好きの反対は嫌いではなく無関心」という言葉があるが、まさにそれのような印象である。

娯楽が多様化し、マジョリティの興味をひくことが難しくなっている現在のテレビ業界。評価そのものが決して悪いわけではない『セシルのもくろみ』だが、もしかすると映像化するのが少し遅かったのかもしれない。

《これまでに配信した『セシルのもくろみ』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒胸が揺れて…『セシル』真木よう子の過剰なダサさがエロい

(取材・文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)?

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
?調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20〜60代の男女1342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)