食後に爪楊枝で「シーシー」 女子のイラッと率は半数超え

食後に爪楊枝で「シーシー」 女子のイラッと率は半数超え

食後に爪楊枝で「シーシー」 女子のイラッと率は半数超え

(?ぱくたそ)

くちゃくちゃ音を立てて食べる、食べ物が口の中にあるのに口を開く……などなど、他の人を不快にさせてしまう食事のマナーは多い。

「食後、爪楊枝で歯の間に挟まった食べカスを取る」というのも、議論に残りやすい行動だろう。中には、取ったものを「もったいない!」とても言うようにそのまま食べてしまう人もいるが……

しらべぇ編集部では、この行為について調査を行なった。

■「イラッとする」は半数を若干下回るしらべぇ編集部が全国の20〜60代の男女1343名に「食後に爪楊枝でシーシーすることをどう思う?」と尋ねたところ、もっとも多かった回答は「自分はしないがイラッとする」で45%に。

それ以降は「自分はしないし、イラッともしない」が36%、「自分もするがイラッとしない」が15%、「自分もするし、イラッとする」が4%と続いた。

結果、「イラッとする」は半数を若干下回ることになり、同時に「シーシー」を行う人が2割弱いたことも確認できた。

■女性は「シーシー」に厳しい

ただ、これは男女あわせての結果。女性のみを見ていくと……

「イラッとする」派が6割弱に。これも僅差ではあるものの、「イラッとしない」派を上回った。■女性は中高年ほど厳しい

最後に、性年代別のイラッと率を見ていこう。結果、男性は全年代で4割程度と差があまりなかったのに対し、女性は中高年ほど数値が高くなる傾向が見られた。

周囲にも年を重ねた人が増えることで、「シーシー」する人が増えてしまい、以前よりも気になってしまうようになったと推測される。

なんとも思わない男性も多い一方、女性の反感を買いやすいこの行為。2割の人は、これを機会に改めたほうがいいかも。

・合わせて読みたい⇒お風呂でおしっこする? 20代女子の常習率は想像以上に……

(取材・文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
?調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20〜60代の男女1343名(有効回答数)