アンタ柴田、活動休止から不倫騒動まで真相全告白 視聴者「しくじり先生に出て」

アンタッチャブル柴田英嗣が不倫騒動などの真相を告白 「ドラマ化して」など反響の声

記事まとめ

  • アンタッチャブル柴田英嗣が『良かれと思って!』(フジテレビ系)に出演した
  • 柴田は芸能活動の1年間休止や、元妻とファンキー加藤の不倫騒動の真相を全告白した
  • ネットでは「ドラマ化してほしい」「しくじり先生出て」など大きな反響があった

アンタ柴田、活動休止から不倫騒動まで真相全告白 視聴者「しくじり先生に出て」

アンタ柴田、活動休止から不倫騒動まで真相全告白 視聴者「しくじり先生に出て」

アンタ柴田、活動休止から不倫騒動まで真相全告白 視聴者「しくじり先生に出て」

9日放送『良かれと思って!』(フジテレビ系)にアンタッチャブル柴田英嗣(42)が出演。芸能活動1年間休止、W不倫騒動の真相を柴田自身が全告白し、大きな反響を見せている。

(画像は柴田英嗣Facebookからのスクリーンショット)

■活動休止と不倫騒動

柴田と言えば、2010年突然の活動休止、復帰後2015年には元ファンキーモンキーベイビーズ・ファンキー加藤(38)と元妻のW不倫騒動で世間を賑わせたことはしらべぇでも既報のとおり。

番組で紹介された世間の柴田への声も、「被害者面しているがもともとは騒動を起こした側ですよね?」「ファンキー加藤とのエピソードが濃すぎて笑いが頭に入ってこない」などが大半。

ホワイトボードを使って、柴田自身が図解しながらすべての真相を初激白した。

■柴田の語った真相とは

柴田のブログに元彼女A子から連絡があったのが始まり。10年ぶりに、柴田の後輩も同席してA子と再会。のちにその後輩とA子は交際を始める。

後輩とA子の交際開始前後、柴田はA子と身体の関係を持ってしまうが、結婚していた柴田は反省しA子との連絡を絶つ。

その後、後輩がA子に「良くない態度」をとったことで関係は悪化、A子は柴田も含めて「芸能界から潰す」と激怒。後輩から柴田に連絡が入り、柴田も説得したがA子は「柴田に脅迫された」と警察に。

出頭要請を受けた柴田に警察が見せたのが、A子に届いていた柴田からの大量の脅迫メール。これは「なりすまし」だったものの、警察に拘留され事務所は「本当かどうかわからない」ため、病気での休業を発表し謹慎となった。

■ファンキー加藤が登場

この騒動で柴田の浮気を元妻は知り、柴田に不信感を持つ。その当時、元妻をバーでナンパしたのが加藤。加藤を妻帯者だと知らなかった元妻は、加藤との真剣交際を開始。

柴田と離婚後、妊娠が発覚するが、「子供は育てられない」と加藤は、元妻から相談を受けた柴田と初めて対面し、W不倫騒動が世間に明かされる結果となった。

■モンキー漫談が完成

真相激白後、動物好きの柴田に番組はボリビアリスザルを用意。全く懐かないサルに「モンキーだから懐かない」と柴田のツッコミがさえる。

さらに手にしていたビスケットを奪って食べだした姿を見て「人の物にすぐ食いつく」と騒動と絡めて盛り上げ、周囲は「モンキー漫談が仕上がっている」と賞賛を贈った。

■視聴者、「ドラマ化してほしい」

柴田の告白に視聴者も大きな反応を見せている。

アンタ柴田自業自得やないかw

— 青ぶちメガネ (@aobuchimegane) August 9, 2017

アンタ柴田とファンキー加藤のW不倫の真相が聞けてスッキリしたw

— しろねこ@VELLFIRE Owner (@shironeko0089) August 9, 2017

今日のフジTV「良かれと思って!」 アンタッチャブル柴田がオモロかったわぁ〜!やっぱ腕のある芸人さんなんだなと実感w ( ^ω^ ) #フジTV #良かれと思って! #アンタッチャブル柴田

— テトラ丸 (@tetramaru2tw) August 9, 2017

柴田のW不倫まじドラマ化してほしいwww

— サチ (@s_c_hiii) August 9, 2017

■『しくじり先生』出演を求める声も

冴えわたる柴田の話術は好評だが、柴田の浮気には当然ながら批判が集まっている。

柴田英嗣しくじり先生出てくれwww

— DJ KENGO (@DJKENGO0817) August 9, 2017

柴田さんこそしくじり先生だねw

— DXナツメドライバー (@DXnatsumedriver) August 9, 2017

大きなしくじりをバネに大活躍中の柴田に、大きな失敗を経験した有名人が講師となり失敗談を語る『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)への出演を希望する声もあった。

・合わせて読みたい→ケツメイシ新曲ジャケットがファンキーすぎる 因縁の「あの男」が登場

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

関連記事(外部サイト)