男子トイレでオムツ替え不可? 父親が語る子育てのしづらさ3選

男子トイレでオムツ替え不可? 父親が語る子育てのしづらさ3選

男子トイレでオムツ替え不可? 父親が語る子育てのしづらさ3選

(?iStock.com/tetsuomorita)

父親の育児参加が求められる一方で、世の中はまだまだ「子育て=女性」という風潮が根強く残っている。

しらべぇ取材班は、よく育児に参加するという生後半年の子供を持った新米パパに「男性だからこその育児のしづらさ」を聞いてみた。

(1)男性用トイレにオムツ替えのスペースがない

「赤ん坊とよくふたりで出かけるのですが、オムツを替える時に、男子トイレには子供を寝かせてオムツを替えられるスペースがなくて、いつも困ります。

またこの理由で、家族で外食に行っても、毎回、食事を中断してオムツ替えに行くのは妻の仕事になってしまい、申し訳ない気持ちになりますね…」

(2)赤ちゃん休憩室で冷たい目で見られる

「ショッピングモールに行った時に、妻が買い物をしている間に、子供に粉ミルクを飲ませようと、赤ちゃん休憩室に子供を連れて行ったんですが…。

そこは授乳室は個室になっているし、父親男性が入っても問題はない造りなのに、女性達は抵抗があるのか、入室するなり嫌そうな顔で見られました。

まるで女性専用車両に入ってしまった気分。男だって子育てをするのに…」

(3)子供とふたりでいると「母親は?」と聞かれる

「赤ちゃんとふたりで出かけると、知人他人関係なく、必ず『あら、ママは?』『お母さんは具合でも悪いの?』など、母親なしで外出していることを不思議がられます…。

逆に母親と赤ん坊がふたりでいても『あら、お父さんは?』なんて聞かれませんよね。父親が育児しているのって、まだまだ馴染みのない光景なんでしょうね…」

??世の中はまだ「男性が仕事で、女性が家事育児?」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,332に「家庭での男女の役割」について調査したところ「男は仕事、女は家事すべき」と回答したのは2割という結果に。

©sirabee.com

男性も子育てに参加しやすい環境になれば、母親の負担も減り、少子化の改善に少なからず影響するかもしれない。

・合わせて読みたい→イクメンに理解ある街ナンバーワンは千葉県!一方で優しくない街は…

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年3月24日〜2017年3月27日
対象:全国20代〜60代の男女1,332名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)