夏風邪流行や気温差で体調崩す人も…微熱で会社を休か聞いてみた

夏風邪流行や気温差で体調崩す人も…微熱で会社を休か聞いてみた

夏風邪流行や気温差で体調崩す人も…微熱で会社を休か聞いてみた

(imtmphoto/iStock/Thinkstock)

9月に入り、8月の猛暑が和らいできたともいえるが、一気に気温が下がってきた印象も。本来はちょうど良い気候が続き、食べ物も美味しい季節だけに、秋の訪れを心待ちにしていた人も多いはず。

しかし、季節の変わり目に発生する気温の変化についていけず、体調不良をおこす場合や風邪を引いてしまうことがある。

そのようなとき、普通の会社員ならば会社を休むはず。しかし、なかには「微熱くらいなら出社しなければ」と考える人も。

■微熱が出たらどうしてる?

そこでしらべぇ編集部では、全国の20代〜60代の会社員473名に微熱が出たときの対応について調査を実施。

©sirabee.com

結果、51.4%が「微熱くらいなら会社を休むべきではない」と回答。僅かの差ではあるが、「微熱だから早めに休む」人よりも、「微熱くらいなら休まず出社する」という考えを持っている人が多いことがわかった。

■なぜ休むべきではない?

微熱とはいえ体調に異常が出ているのにもかかわらず、「微熱くらいなら会社を休むべきではない」という理論は、やや違和感もある。

なぜ微熱程度では会社を休まないのか? 会社員の男性に聞いてみた。

「私はSEをやっているので、決められたスケジュール通りに作業しなければいけない。微熱程度で休んでいると仕事が溜まり、納期に間に合わなくなってしまいます。

休みたいのは山々ですが、仕事の状況を考えると『休めない』というのが現状。チームで仕事をしている場合、周りに迷惑がかかるので、余計に休めないでしょう。多分、この考えを持っている人は多いと思う。

本当は、急な体調不良なども考慮に入れて、スケジュールを作るべきだと思う。でも、そんなことをしている会社、ほぼないと思います」(30代・男性)

どうやら「休みたくても休めない」「周りに迷惑がかかる」などの理由から、「微熱程度では会社を休むべきではない」という考えを持つようだ。

少々納得がいかない気もするが、これが日本の現状ということか…。

・合わせて読みたい→就職や転職時のネット書き込み 参考にする人の増加で企業も対応

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20代〜60代の男女1.342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)