『コード・ブルー』藤川は最終回で死ぬ? フラグ乱立に視聴者動揺

山下智久主演ドラマ『コード・ブルー』浅利陽介演じる藤川に死亡フラグ?と視聴者動揺

記事まとめ

  • 山下智久主演ドラマ『コード・ブルー』(フジテレビ系)の第9話が放送された
  • もっとも視聴者の注目を集めたのが藤川(浅利陽介)に立った死亡フラグ
  • 来週放送の最終回を前に、「藤川先生死ぬフラグ立ってない!?」と視聴者が動揺も

『コード・ブルー』藤川は最終回で死ぬ? フラグ乱立に視聴者動揺

『コード・ブルー』藤川は最終回で死ぬ? フラグ乱立に視聴者動揺

『コード・ブルー』藤川は最終回で死ぬ? フラグ乱立に視聴者動揺

©sirabee.com

山下智久主演ドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(フジテレビ系)の第9話が11日に放送された。

来週放送の最終回を前に、今回も内容盛りだくさんだった本作。早速、レビューしていこう。

■順調な救命 しかし、新たな問題も…

かなり悲惨な状態で始まった今シーズンの救命。フェローたちは使えず、緋山(戸田恵梨香)が周産期医療センターから、藍沢(山下)が脳外科から戻ってくることで、なんとか成り立つ惨状だった。

しかし、ここに来てフェローたちも順調に成長し、救急搬送されてきた患者3人中3人を助けられるまでに。1人しか救えなかった以前と比べると、格段の進歩である。

だが、新たな問題も。橘(椎名桔平)の息子・優輔が心臓移植に突如反対し始めたのだ。心臓移植のことを考えるあまり、橘が変わってしまったというのがその理由だった。

一方、藍沢、緋山、そして名取(有岡大貴)の今後のキャリアの問題も浮上(再浮上)。また、イワナ男が「好きな女の夢の邪魔をしたくない」という理由で緋山との交際に後ろ向きになり、彼女の恋にも暗雲が立ち込めることに。

■藤川に危機が? フラグ乱立に視聴者動揺

そんな情報量の多い今回において、もっとも視聴者の注目を集めたのが藤川(浅利陽介)に立った死亡フラグだ。

まず、救命で白石との会話している際に、意味深な台詞が登場する。灰谷がPTSDで無線連絡ができなくなっているという話から、恋人・冴島(比嘉愛未)の話になり、

「はるかもさあ、俺になにかあったらって不安になってる。最近とくに、色々あったからさ……」

と藤川が語ったのだ。その後、開通間近の地下鉄の崩落事故が起き、現場へ行くと、重傷者は地上にあげられず、線路内にいることが判明。すると、冴島が藤川に

「行かなくていい。あなたは勇敢な医者になんかならないで。危ない現場は他の先生に任せればいい」

と、これまでの冴島からは考えられない台詞を放つことに。そして、次週予告では藤川が誰かを救おうと、走って倒れ込む様子も……。

■フラグがびんびん…視聴者も動揺

あからさまにも思えてしまうほど大量のフラグに、動揺する視聴者が続出することに。

母から『耕作が…』ってLINE入ったけど藍沢くんは大丈夫だと思うの……問題は藤川くん……フラグ立ち過ぎで予告の“彼”が藤川くんな気がしてならない……

— さん飯 (@go_mo_so_) September 11, 2017

ちょーーーー!コードブルーの展開なにこれ!藤川先生死ぬフラグ立ってない!?初期メンだし 最終回で処理しきれないし 流石に死なないよね?救命病棟では医局長死んだけど……冴島さん悲しませないで……

— ミツ@9/17 BUMP幕張 (@bump_mitsu0227) September 11, 2017

藤川先生死亡フラグ立ちすぎじゃない…

— さをり@16チョコマジ17海馬18ソラ (@yukidorii) September 11, 2017

私は藍沢先生の安否より藤川先生の安否のほうが心配です…フラグがすごかった… #コード・ブルー

— きたろう (@____pattsun) September 11, 2017

■フラグだけでさすがに死なない?

©sirabee.com

なお、しらべぇ編集部が行なった調査では「医療ドラマが好き」と答えた人は全体の55%。しかし、この人たちも「主要キャストが死ぬ」ような展開が好きかとうと、そうではないだろう。

視聴者の感情を揺さぶるための演出であり、1stから出ている藤川がまさか死ぬなんてことは、日本のドラマではほぼほぼあり得ないだろうが……最近の冴島がかわいそうすぎるので、なんとか助かってほしいものだ。

《これまでに配信した『コード・ブルー』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒『コード・ブルー』白石・緋山の絆に大感動 涙腺ゆるむ視聴者続出

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤 イラスト/ミキシマ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20〜60代の男女1340名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)