収録中心の『27時間テレビ』に批判殺到 「さんま中居のコーナーを返して」の声も

『27時間テレビ』収録中心で批判殺到 明石家さんまと中居正広のコーナー中止に不満も

記事まとめ

  • フジテレビ系『27時間テレビ』はバラエティ色の強かった内容を一新し、収録が中心に
  • 生放送中心だった過去には、笑福亭鶴瓶や、森三中・大島美幸のハプニングがあった
  • 深夜の明石家さんまと中居正広のコーナーが放送されないことも批判の的になっている

収録中心の『27時間テレビ』に批判殺到 「さんま中居のコーナーを返して」の声も

収録中心の『27時間テレビ』に批判殺到 「さんま中居のコーナーを返して」の声も

収録中心の『27時間テレビ』に批判殺到 「さんま中居のコーナーを返して」の声も

(gpetric/iStock/Thinkstock)

9〜10日にかけて放送されるフジテレビ系の恒例番組『27時間テレビ』。ことしは「にほんのれきし」をテーマに掲げ、これまでのバラエティ色の強かった内容を一新。旧石器時代から現代まで の日本の歴史を笑いを含めつつ紹介するというものだ。

ネット上ではその内容をめぐり、非難の声があがっている。

■収録中心の放送に批判の声

同番組といえば、「愛と感動」がテーマのライバル番組『24時間テレビ』(日本テレビ系)とは違い、「笑い」をテーマに放送されてきた。また、これまで生放送を中心としていたが、ことしは大部分を収録というかたちで放送する。

この内容にネット民からは不満の声があがっている。生放送といえばハプニングがつきものであり、それを待ち望んでいる視聴者は多い。

過去には、03年の笑福亭鶴瓶(65)が下半身を露出させてしまった事例や、13年の森三中・大島美幸(37)が入浴シーンでバストを晒してしまった事例など、大きな盛り上がりとなった。

それだけに今回の収録中心の放送には「ハプニングがなさそうでつまらないな」「生放送じゃないなら意味がない」といった批判的な声があがっている。

■「今夜は眠れない」は放送ナシ

また、同番組の深夜の名物コーナーである「さんま・中居の今夜は眠れない」が放送されないことも批判の的になっている。

明石家さんま(62)と中居正広(45)が、生放送にも関わらず攻め込んだ発言から人気になった同コーナー。さんまが放送までの1年間で気になっていた女性たちを発表する「ラブメイト10」を含めて、深夜の要となっていた企画だった。

昨年はゲス不倫の影響で人気が低迷していたベッキー(33)が電話出演し、SMAP解散騒動で話題になっていた中居にさんまが切り込むなど、生ならではの緊張感のあった放送が注目を集めていた。

■「さんま中居がないなら番組を見ない!」の声も

「さんま・中居の今夜は眠れない」が中止になったことも含め、収録中心の放送にネット民からは怒りと呆れの声があがっている。

今年は27時間TVおもしろくなさそうだね。
中居くんとさんまさんの番組やらないし。
ほとんど収録だし。
生放送だからおもしろいのに…

— 無一文 (@lillychuchu) September 9, 2017

27時間生放送じゃないんだ。やる意味ある?いつもさんまと中居のところだけ見てたけど、今年ないんだね

— ねむ吉くず太 (@0212pi) September 9, 2017

さんま中居もなければ火薬田ドンもないとか生放送じゃないし27時間の何が面白いねん……

— なお (@hoku_70) September 3, 2017

うわぁ〜最悪だ!今年の27時間テレビさんま中居の今夜も眠れないないみたい!あれしか27時間テレビ見るコーナーなかったのに今年はほとんど収録やんか!!!

— まさはる (まぁーくん) (@masaharu2963) September 9, 2017

■半数が「さんま中居コーナー中止」に残念

中には「さんま・中居の今夜は眠れない」が放送されないのならば「27時間テレビは見ない」との声もあがっている。それだけ番組全体を支えるコーナーだったことがうかがえるだろう。

しらべぇ編集部がツイッターにて同コーナーについて調査したところ、半数以上が「コーナーがなくなるのは残念」と回答している(9日18時現在)。

【調査】今年の『27時間テレビ』に、深夜の「さんま中居の今夜は眠れない」がないのは残念だと思う? #27時間テレビ #明石家さんま #中居正広 #調査 #しらべぇ

— しらべぇ (@sirabee_news) September 9, 2017

調査は現在も継続中だ。もしかすると放送内容次第では評価も変わるかもしれない。

ことしの深夜は『さんまのお笑い向上委員会SP』が放送予定。こちらもお笑いマニアに人気の番組だけあって、期待がもてるかもしれないがはたして…。

・合わせて読みたい→意外? 納得? 「バラエティ番組が面白いテレビ局」ランキング

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:Twitter調査
調査期間:2017年9月9日
対象:Twitterユーザー男女144名(9日18時時点の有効回答数)

関連記事(外部サイト)