チキンラーメンのひよこちゃんがお菓子に…かわいすぎてつらい

チキンラーメンのひよこちゃんがお菓子に…かわいすぎてつらい

チキンラーメンのひよこちゃんがお菓子に…かわいすぎてつらい

ある日編集部に届いた、1つのお菓子。

©sirabee.com

日清「チキンラーメン」のひよこちゃんの顔したおまんじゅうとか…絶対食べにくいやつだ…。

■「チキンラーメン味ではありません」

知ってた! と叫びたくなるが、ひよこちゃんまんじゅうは「チキンラーメン味」ではない。

©sirabee.com

むしろチキンラーメン味のあんが入っているおまんじゅうのほうが食べてみたかった…とか言ってはいけない。

ひよこちゃんだからこそ、「黄身あん」なのだ。

©sirabee.com

和生菓子であり、6個入り。ちなみにベビーライマー豆とは白色系のインゲン豆の一種のこと。「ひよ子」にちょっと近いのかも…。

©sirabee.com

カロリーは1つあたり、67.4kcal。いっぺんに6個全部食べると、チキンラーメン(370kcal)よりカロリー高めなので注意だ。

■そのままおいしく

チキンラーメンのパッケージのように、おいしい召し上がり方まで載せる、力の入れよう。

©sirabee.com

「まんじゅうなので丼鉢に入れてお湯をかけてはいけない。」…知ってた!!

©sirabee.com

袋から取り出すと、真っ白な箱の中に6匹が鎮座。

©sirabee.com

一つひとつ個包装されているのがちょっと嬉しい。が、全員、「これから、ボクたちを食べるの?」みたいな顔をしている。頼む、そんな顔しないでくれ…こっちを見ないでくれ…。

■ひよこちゃん、ごめん…

包装を外し、ご対面。

©sirabee.com

この世を憂う顔に見えるのは、気のせいだろうか。

もちろんそのまま、一思いにかじってもいいのだが…

©sirabee.com

ざくり。

©sirabee.com

中には、あんがぎっしり。

©sirabee.com

ちょっともう、原型を…留めていないが。

袋に書いてある通り、しっとりとした黄身あんが特徴的。サイズも手頃なため、もう1匹ひよこちゃん食べちゃおうかな? という気分に。

こちらの「チキンラーメンまんじゅう」は、横浜・カップヌードルミュージアムのほか、インスタントラーメン発明記念館と新大阪駅のチキラーハウスで購入できる。

ひよこちゃんファンも、記者のようにキャラクターの顔を切る趣味がある人も、見逃せない一品だ!

・合わせて読みたい→これぞ「罪の味」! チキンラーメンぶっこみ飯がジャンクすぎて最高

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ)

関連記事(外部サイト)