30キロ痩せた松村邦洋が『ワイドナショー』登場! 激変ぶりに松本人志も驚き

30キロ痩せた松村邦洋が『ワイドナショー』登場! 激変ぶりに松本人志も驚き

30キロ痩せた松村邦洋が『ワイドナショー』登場! 激変ぶりに松本人志も驚き

©sirabee.com

17日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、30キロのダイエットに成功した松村邦洋が登場。以前とは見違えるようなスリムな体型を見せた。

■その姿に松本人志も驚き

『ワイドナショー』のスタジオに登場した松村を見た松本人志は、「俺の知らない松村やわ、俺の知ってるときはもう太っていたからね」と驚きの声をあげる。

東野幸治から「声が変わった」と指摘された松村は、「声が出やすくなりましたね。痩せたら高い声が出ますし」と発言。その効果を実感しているようだ。

■東京マラソンネタも披露

さらに松村は

「成功するにも失敗するにも健康でないと、仕事ができないですからね。健康が一番大事ですね」

とコメント。

松本から「東京マラソンでここのお父さん(石原良純の父・慎太郎元都知事)からデブは走るなと言われてたもんね」と向けられると

「石原都知事をあそこまで追い詰めたのは僕の責任ですよ。豊洲までなら走ります」

と発言し、スタジオを笑わせる。松村は2009年の東京マラソンに出場した際倒れ、一時心肺停止となったことがあり、それを松本がネタにしたのだ。

■松村と松本の知られざるエピソードも

番組では松本人志と松村邦洋の知られざるエピソードも語られる。

松村が高校時代、ダウンタウンのラジオ番組に出演した際、『3年B組金八先生』(TBS系)の加藤優役モノマネを披露し、褒められたことを明かす。

両者は1990年代、『笑撃的電影箱』(日本テレビ系)という放送枠内で、『進め!電波少年』と『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』として並び立ち、同局を引っ張る存在だった。

しかし、両者が共演する姿を見ることはほとんどなく、松本と松村は絡みがほとんどないと思う人もいた。そんな2人の意外な接点に、驚く人もいたようだ。

■ブラックジョークも交えて場を盛り上げる

その後松村は「(松村と同じ)昭和42年組は清原氏、ショーンKさんとか、貴闘力と苦労している」と持ち前のブラックジョークで笑わせ、東野幸治のモノマネをするなどして場を盛り上げる。

その完成度は微妙だったが、話芸は相変わらず高いものが。そして最後は松本が「維持してよ〜」と声をかけ、松村の出番は終了となった。

■ネット民も激ヤセぶりに驚き

松村の激ヤセぶりや、松本とのエピソード、そして冴え渡るトークにネット民からは驚きや絶賛の声が。

松村邦洋オモロイなー
松村 花の42年組 清原、ショーンK、貴闘力と同級生で〜
松本 チョイスおかしいぞ
爆w

モノマネやり倒して行ったw

30kgの減量に成功で登場#ワイドナショー

— 木太郎でつ (@senku_eikou) September 17, 2017

松ちゃん(松村)は、とにかくサービス精神が良いんだよな
電波少年を何回か見に行った事あるけど
空いた時間も常に喋り続けて、客が冷めない様に笑わせ続けてくれた
良いやつなんだなって素直に感じた

#ワイドナショー

— 砂糖のせ (@SugarOn) September 17, 2017

松村邦洋さん登場。
一度、心臓が停止したにも関わらず、また蘇ってきたんだから、まだまだこの世に必要なのかと思う。
30kg減量。なんだか格好良くなったなぁ。
#ワイドナショー

— 『108poundの囁き』 (@108pound) September 17, 2017

松村邦洋さん、別人くらい痩せたなぁ。
大事なのはリバウンドしないことだし、これからが大事!
俺も10kgくらいは落としたいけど、何もしてないな…。#ワイドナショー

— Masa♪ (@rainbowmasa1231) September 17, 2017

■ダイエットを決意した人もいたが…

今回『ワイドナショー』内で別人のようになった松村を見て、ダイエットを決意した人もいたよう。しかし、松村のように劇的に痩せることが容易ではないのは、明らかだろう。

ちなみにしらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,332名にダイエットについての意識調査を実施したところ、女性の4割が「明日からダイエットすると決意して始めなかったことがある」と回答。

©sirabee.com

この数字を見ても、30キロのダイエットということがいかに大変であるかがわかる。RIZAPというパートナーの存在があったとはいえ、松村の自制心は素晴らしい。

今後ぜひ、この体型を維持してもらいたいものだ。

・合わせて読みたい→『ワイドナショー』放送休止 『27時間テレビ』に不満でライバル番組に流れる人も

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治 イラスト/ミキシマ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」

調査期間:2017年3月24日〜2017年3月26日

対象:全国20〜60代の男女1332名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)