凸凹刑事コンビが活躍するドラマ 支持率は想像以上に…

凸凹刑事コンビが活躍するドラマ 支持率は想像以上に…

凸凹刑事コンビが活躍するドラマ 支持率は想像以上に…

(画像は公式サイトのスクリーンショット)

刑事ドラマ・探偵ドラマにおいて、見た目も性格も正反対の主役2人が活躍する作品は少なくない。古くは『モルグ街の殺人』や『シャーロック・ホームズ』などが当てはまり、現在でも新しい作品が生まれ続けている。

フジテレビ系列で10月から始まる『刑事ゆがみ』も、そんな作品のひとつだ。適当だが犯罪者の心を読むことができる天才刑事・弓神適当(浅野忠信)と成績優秀で真面目だが彼に振り回されてしまう後輩刑事・羽生虎夫(神木隆之介)が、バディとして難事件に挑んでいく。

しらべぇ編集部では、本作品放送前に、この手の作品の支持率を調べてみることに。

■3割が「凸凹コンビ」好き

©sirabee.com

しらべぇ編集部が全国の20〜60代の男女1348名に調査を行ったところ、「凸凹コンビが活躍する刑事ドラマが好き」と答えた人は全体のおよそ3割。

かなり限定的な質問で3割が支持しているというのは、なかなか高い数値と考えていいのでは。

■女性のほうが好き

©sirabee.com

また、性年代別で見ていくと、男性よりも女性に支持されていることが判明。男性刑事2人の設定になることが多いため、同性よりも異性に甘くなる「異性票」が入ったと見られる。

■神木きゅんにキュンキュンしよう

©sirabee.com

浅野の民放初主演作としても注目を集める『刑事ゆがみ』だが、記者としては原作の魅力と、神木の刑事役に注目したい。

原作漫画の作者・井浦秀夫氏は、『弁護士のくず』(TBS系)などでも知られるベテラン。コミカルながらも、人間の内面の深い部分を描く作風は、唯一無二である。

『弁護士のくず』では、「正義」という曖昧な概念を意欲的に描いた氏だが、『刑事ゆがみ』でもそれは受け継がれていると言っていい。

また、刑事役に挑戦する神木の演技も見ものだ。浅野に振り回される年下むっつり腹黒刑事を、一体どのように演じるのか。女子がきゃあきゃあ言いそうな仕上がりになっていることを期待したい。

・合わせて読みたい→好きな刑事ドラマ選手権! 1位はイチローも出演のあのドラマ

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日〜2017年8月28日
対象:全国20代〜60代の男女1348名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)