茨城県の超行きづらい場所にある『ふるさと』 けんちんそばが究極の味

茨城県の超行きづらい場所にある『ふるさと』 けんちんそばが究極の味

茨城県の超行きづらい場所にある『ふるさと』 けんちんそばが究極の味

濃いめのけんちん汁にそばをつけて食べる、茨城県のソウルフード『けんちんそば』。

アツアツで具だくさんなのに野菜がたっぷりでヘルシーな、茨城では男女ともに愛されているそばだ。

■茨城県トップクラスのけんちんそば店

©sirabee.com

そんなけんちんそばは、県北部の常陸太田市をはじめとした茨城全域のそば店で食べられるのだが、そのなかでもしらべぇが超おすすめの店をご紹介しよう。

それは、石岡市にあるそば店『ふるさと』。ここではまさに“究極”ともいえる、けんちんそば界最高峰のけんちんそば、けんちんそばKINGにふさわしいけんちんそばを食べることができる。

■行きづらいが味は最高

©sirabee.com

ふるさとは石岡市の中でも高速道路からかなり遠い距離にある、まさに山奥と言っていいレベルの行きづらい場所にある。おそらく車以外で行くのはかなり難しいだろう。

だが、たどりつけば茨城県でもトップクラスのけんちんそばを食べられるのだから、そば好きなら行かない手はない。

■店内は落ち着く雰囲気

©sirabee.com

店内は座敷もあり非常に落ち着く雰囲気で、窓からは農村の美しい風景を観ることができる。

©sirabee.com

周辺にはぶどう畑がたくさんあるので、帰りに直売所でぶどうを買って帰るのもいいだろう。

■パーフェクトなけんちんそば

©sirabee.com

ふるさとのそばはもちろん自家製で、太めの田舎そばのため食べ応えはバツグン。その太い麺が野菜の旨味たっぷりのつゆを吸うので、さらに味わい深くなるのだ。

©sirabee.com

しかも、汁を吸ってもコシはなくならず、田舎そば特有の噛み応えは消えない。そのため、里芋やにんじんなどに負けない食感を残しつつ、ワシワシと食べられる。

©sirabee.com

さらに豆腐やきのこもいいアクセントになり、すべてが完璧。ここまでパーフェクトなけんちんそばは、なかなかお目にかかることができないレベルである。

■メニューは豊富

©sirabee.com

そのほかにも手作り感たっぷりの牛丼や…

©sirabee.com

おおぶりの鶏肉が入ったとりそばなど、メニューは豊富。もちろん冷やし系のそばやうどんもあるぞ。

■茨城県へ行ったらぜひ

けんちん汁にそばが入っただけとあなどるなかれ。けんちんそばは茨城県を代表してもいいほどの美味しさがある、絶品のそばだ。

ほかにも温かいけんちん汁に冷たいそばをひたして食べる『つけけんちん』などの亜種もあるので、茨城県へ行ったらぜひけんちんそばを食べてほしいぞ。

【ふるさと】

茨城県石岡市小幡1262-17

・合わせて読みたい→茨城県民のソウルフード? 根菜たっぷりの『けんちんそば』がウマすぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)

関連記事(外部サイト)