おばさん版『木更津キャッツアイ』? 『監獄のお姫さま』初回にネット大興奮

おばさん版『木更津キャッツアイ』? 『監獄のお姫さま』初回にネット大興奮

おばさん版『木更津キャッツアイ』? 『監獄のお姫さま』初回にネット大興奮

(画像は公式サイトのスクリーンショット)

小泉今日子主演、宮藤官九郎脚本のドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)の第一話が17日に放送された。

「おばさん犯罪エンターテイメント」を掲げる本作は、当サイトでも放送前から注目。気になる第一話の内容は、目の肥えたドラマファンたちを十二分に歓喜させるものだったようだ。

■遊び心最高な『サンジャポ』幕開け

22時になった瞬間、テレビに写ったのは『サンデー・ジャポン』(TBS系)のスタジオ。司会の爆笑問題や、お馴染みのゲストの姿もあり……と、よく見るとその中には板橋吾郎役の伊勢谷友介と、勝田千夏役の菅野美穂の姿が。

「番組内番組」で始まった作品と言えば、同局が昨年生んだ大ヒット作品『逃げるは恥だが役に立つ』が思い出されるが、『監獄のお姫さま』の場合は『情熱大陸』ではなく『サンジャポ』のようだ。

このように遊び心満載なスタートとなった本作。馬場カヨ(小泉今日子)ら元女囚たちが手を組み、板橋の息子・勇介(前田虎徹)を誘拐して、とある事件の真相解明に向けて動き出した。

■それは「爆笑ヨーグルト姫事件」

馬場カヨたちが真相解明に向けて動いているのは通称「爆笑ヨーグルト姫事件」。

もともと、板橋が代表を務める「EDOミルク」は「江戸川乳業」という家族経営の企業で、社長のポストをめぐって、娘のしのぶ(夏帆)派と、叩き上げの副社長である板橋派で対立していた。

すると、板橋は当時の恋人を殺害し、しのぶにその罪を着せることに。その結果、しのぶは5年前に殺人罪で収監された。

事件はワイドショーなどで連日報道され、しのぶが爆笑している動画が繰り返し放送されたことから、ネット上で「爆笑ヨーグルト姫事件」と名付けられた……とのこと。

韓国の「ナッツ姫」を思わせるダサめのネーミングや、リアルさとおふざけのバランス感覚は、さすがクドカン! という感じだ。

■満島ひかりの一言にすべてもっていかれた

その後、馬場カヨたちは雄介と引き換える形で、板橋本人の誘拐に成功。その立役者となったのは、秘書として彼に近づいていた若井ふたば(満島ひかり)だった。

駐車場で馬場カヨらと向き合うと、一瞬板橋を守るかのように見せてから、警棒で彼をノックアウト。そして、クールに

「しゃべるな。クズ」

と言い放った。これには、ネット民も……

#監獄のお姫さま
ごめんね青春の蜂谷先生もそうなんだけど、クドカンさん家のひかりちゃんはちょっと毛色が違くて、毒舌イケメン可愛いのが最高にかっこよくて惚れる。微量のつんでれーしょんを今後に期待したい。

― 実@怪物を飼い慣らす為の魔法を唱えた世界 (@aoiminori3) 2017年10月17日

監獄のお姫さま面白かった!満島ひかりが伊勢谷友介にクズと言い放ったのがカッコよかった。

― さるさる (@UZUZARU) 2017年10月18日

と、彼女の格好良さ、色気にノックアウトされることに。

■ダラダラトークも好評 「おばさん版キャッツ」の声も

誘拐&復讐というスリリングなストーリーもさることながら、視聴者は登場人物たちのグダグダした会話にも注目。

予備知識なしでなんとなく見始めたらなんだかハマるこの会話のテンポ。キャストも面白いメンツだしなんだなんだ?と思ったら脚本クドカンなのか!どーりで。 #監獄のお姫さま

― ちーすけ@10/7F-BLOOD (@chiisuke_p) 2017年10月17日

そのゆるい空気感や、時系列を入れ替えた表裏感のある構成、チームでひとつのものごとに打ち込む様子から、宮藤の出世作であり未だに絶大な人気を誇る『木更津キャッツアイ』を思い出した人も多かったようだ。

昨日の監獄のお姫さま、クドカンワールド全開で期待の上を行くおもしろさだったな。テンポのいいストーリー展開、行きつ戻りつ視点をずらしつつつ繰り返される時間。木更津キャッツアイのおばさん版とでも言おうか。そしておなじみのキャスト。森下愛子さま?(次回の前にもう1回おさらいしたいな)

― ほのり (@yuruhono)?2017年10月18日

あああああーーーーーこれはおばさん版木更津キャッツアイだーーーーーーやったーーーーー幸せだーーーうれしいーー!?#監獄のお姫さま

― つるっぺ (@tsuruppe7)?2017年10月17日

RT
おばさん版木更津キャッツアイ!!
それだ、あだ名のくだりも既視感あるなと思ってたけど「アニ」か#監獄のお姫さま

― あっしゅ (@_ash235_)?2017年10月18日

登場人物を「女優」「財テク」「先生」「姐御」などとあだ名で呼び合っているのも、『木更津キャッツアイ』を思わせた要因のひとつのようだ。

■『カルテット』不可逆ネタを意識?

また、本作ではあの名作『カルテット』(TBS系)を強く意識したと思わせるような台詞もあり、とくにふたば役の満島(『カルテット』すずめ役)が囚人の心理について語ったシーンではネットが大盛り上がりに。

時間巻き戻せると思ってるんです!!!!!ひかりちゃんが!!!!いうと!!!!!すずめ!!!!!!ちゃん!!!!!!元には戻れないんです!!!!!! #監獄のお姫さま #カルテット

― よく喋るOL (@ku_neru_shabel) 2017年10月17日

坂元裕二が『いつ恋』で、「20代のゆとり世代の今」を描いた後、クドカンは『ゆとりですがなにか』で、それを描いた。同じく、坂元裕二が『カルテット』で「人生の不可逆」を描いた後、同じ枠の『#監獄のお姫さま』で、クドカンはそれを描いてきた、と。

― おなか (@HNamachiri) 2017年10月17日

火曜10時は不可逆枠なのか。 #監獄のお姫さま

― のぎsub (@nog_sub) 2017年10月17日

■伏線すでにたくさん? 美容師役・猫背椿も気になる

一方、今回だけでなくこの後に続くための「伏線」と思わしき要素に反応するアツい視聴者も。たしかに、下の声のように、録画視聴した人は初回は消さないままでいたほうが、今後より楽しめるかもしれない。

いやー、良いクドカン劇場だった。クドカンファミリーも、たくさんいて、、初回から、ぶっこんでいて、面白かった。安室ちゃんの主題歌も良かった。伏線はりまくってるだろうから、録画消せないやつじゃん!#監獄のお姫さま

― こざ (@koza_ahtmk) 2017年10月17日

ローストビーフも伏線かなあ
フラッシュバックの中の映像にあったよね#監獄のお姫さま

― 十三茶 (@chaposke) 2017年10月17日

また、美容師役でさらっと出てきた猫背椿も、6人目の仲間として今後ストーリーに大きく関係してきそうと注目する人も。

先生は緑なの?
ブラックだと思った。
美容院の猫背椿さんは6人目の途中加入枠?
金色あたりかな?

#監獄のお姫さま

― ぴらく (@48oban) 2017年10月17日

■クドカン作品ファンの分布は…

©sirabee.com

当サイトでは先日、宮藤官九郎作品のファンについての調査を実施。その結果、男性の26.2%、女性の36.1%が「宮藤官九郎脚本のドラマが好き」と回答していた。

中でも、30代の女性は半数近くがファンだと回答。今回の『監獄のお姫さま』放送も、ツイッターを見ているとこの世代がもっとも強く反応しているように感じられた。

遊び心と懐かしさの中に、緻密な構成が光った『監獄のお姫さま』第一話。まったく、次週以降も、ますます目が離せないことになってしまった。

《これまでに配信した『監獄のお姫さま』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい→『監獄のお姫さま』今夜初回 クドカンが描く「女性キャラ」を女性が支持するワケ

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日〜2017年8月28日
対象:全国20代〜60代の男女1348名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)