テレ東・池上彰の選挙特番で「他局より先に進む」新企画を準備

テレ東・池上彰の選挙特番で「他局より先に進む」新企画を準備

テレ東・池上彰の選挙特番で「他局より先に進む」新企画を準備

(大江麻理子キャスター、池上彰)

衆議院選挙の投開票が行われる22日、『池上彰の総選挙ライブ』(テレビ東京系)が夜7時50分から生放送される。

メインキャスターには、池上彰と『ワールドビジネスサテライト』の大江麻理子キャスター(テレビ東京)が務める。放送に先駆け、ふたりが記者会見に応じた。

■他局に負けない「あるもの」を開発

国政選挙当日の番組では、直近の3回いずれも、テレビ東京が同時間帯の選挙特番で視聴率民放1位となっている。

池上は「他局に追われる立場になっていて、さらに、テレ東が開発したさまざまな企画が、非常に参考にされました」と含みのある言い方で、取材陣の笑いを誘う。

さらに「他局より先に進むには何ができるかをスタッフと議論し『あるもの』を開発しましたが、企業秘密です。放送当日、7時50分過ぎから紹介できるかなと思っております」と、新企画への大きな自信をアピールした。

また、「政治が扱われる番組を大勢の人に見てもらえるチャンスって、なかなかないんですね。選挙特番を通じて改めて、政治について家族揃って考えられる番組になれば」と意気込みを語る。

■今年の漢字はテレ東的に『池』

(大江麻理子キャスター)

大江キャスターは、毎年末に清水寺で発表される今年の漢字を2017年のテレビ東京で考えた時に、『池』が思い浮かんだそう。

「『池』の水ぜんぶ抜く大作戦が支持を多く得て、また、突然の総選挙で、『池』上さんの容赦ない切り込みも今年のうちに楽しめる。『池』はテレ東的に大きなテーマになっています」と話す。

続けて、「選挙特番でも、テレ東はやっぱり『イケ』てるねと言われるように、力を合わせてがんばりたい」と意気込みを語ると、池上から「ずいぶん考えてきましたか?」と聞かれる一幕も。

■10月22日を春から空けていた

池上は、昨年の参議院選挙特番が終わったその日に、次回のオファーを受けた。

今年の春先に、もし次に衆議院選挙をするならいつだと思うか? をスタッフと話していた際「もし年内にあるとしても、秋まではないだろうと。そこで、10〜12月で大安の日曜日のひとつが10月22日だったので、スケジュールを空けていた」と話しており、その洞察力に驚かされる。

そして、今回の選挙についての印象を聞かれ、「大義なき解散と批判されたが、野党が離合集散を繰り返すことで、選挙の争点が非常に見えにくくなったと思っています。今回問われているのは何かを番組を通じて考えていきたい」と答える。

注目している争点については、「貧困層の子供達に対する問題は、大きな争点になり得ると思うのですが、各党が財源について曖昧なまま進めている。現実的な政策はどうあるべきなのかが見えてこない」と指摘した。

(池上彰)

■名物の候補者プロフィールも一新

今回の特番でも、候補者のプロフィールは健在。すべてのプロフィールを一新する。

また、最新のプロフィール案の一部が先行公開された。誰のプロフィールなのかはオンエアまで秘密となっている。

・学生時代はバックパッカー 南アでハンカチ以外盗まれる
・東京駅のトイレで清宮選手に遭遇 握手求める
・毎日必ずフルーツを食べる 「今年の桃は味がいい」
・さまざまな相談を受ける 「カメムシ臭い なんとかして」
(※当落により、流れない場合あり)

今回、池上は大阪・心斎橋でロケを敢行し、オバチャン軍団との討論座談会を開くほか、お馴染みとなった現場バスツアーも予定されている。この週末の選挙当日は、進化した池上無双に注目だ!

【放送概要】
番組タイトル:池上彰の総選挙ライブ
日時:10月22日(日)夜7:50〜夜11:48?
キャスター:池上彰、大江麻理子(テレビ東京キャスター)
サブキャスター:大浜平太郎(テレビ東京キャスター)
アシスタント:相内優香(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト:峰竜太、宮崎美子、東貴博、坂下千里子、小島瑠璃子、宮澤エマ
同時放送:BSジャパン
同時配信:テレビ東京ビジネスオンデマンド
※深夜1:30〜2:00の『池上彰の総選挙ライブ第2部』にはロケVTR内で池上彰が登場する。

【選挙特番後の池上彰出演番組概要】
10月29日(日)午後4:00〜5:15『日曜夕方の池上ワールド』
10月29日(日)夜7:54〜9:54『今、地方を知れば日本がわかる! 池上彰のご当地ウラ事情』
放送局はいずれもテレビ東京系列(テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ 九州放送)

・合わせて読みたい→都議会議員選挙なのに6局ネット生放送! 池上無双が楽しみすぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・京岡栄作)

関連記事(外部サイト)